発達障害のテスト2回目

投稿日: カテゴリー 自分および次男の発達障害

1月18日(土) 発達障害の2回目のテストを受けた。
前回は30分で終わったが(前回の模様)、今回は2時間とのこと。
どんなテストか楽しみながら受けた。
大半が喋りながら行うテストなので、緊迫した感じは全くなく、
和気あいあいと進められた。

(スポンサードリンク、いったんCMです。
ここまで)

問題はとにかく、色々あった。
基本的にはIQテストみたいな感じだった。
下記のような種類の出題があった。

  • 絵の中で、おかしい部分を指摘する問題
    (人の影がなかったりする。)
  • 漢字の意味を説明する問題
    (”修理”や”試行錯誤”の意味など)
  • 立体パズルで図形を作る問題
    (赤面、白面、赤白半分面がある立方体のパズルで、絵で示された図形をつくる)
  • 数字を反復する問題
    (「3,7,2,8,4,1,9」とかって言われるので、その通り反復する)
  • 記号を書き写す問題
    (”1、2、3”に”=、コ、⊥”などの記号が割り振られれいる)
  • 暗算問題
    (「6時間で150km進むと時速何キロで走ったことになるでしょう」と出題される)
  • 連続する図形があり、その次にはどの図形が入るかという問題
    (○/●/○/●/?だとしたら、?には○が入るなど)
  • パズル
    (ピースをはめる感じじゃなくて、ランダムな曲線のもの)
  • 共通点をいう問題
    (”田んぼ”と”畑”の共通点を言う)
  • 4コマ漫画のコマがバラバラになっていて、話が通じるように並べ直す問題
    (5コマになったり、6コマになったりもする。)

などなど、脳みその色々な部分を使わされた。

各項目で、徐々に難易度が上がって行くのだが、図形の最終問題では、200人にテストして、4人しか正解できなかった問題を解いたりして、驚かれた。
wishigrowはIQが高いのだ、きっと。
と、言いたいところだが、暗算の問題とか、数字を反復する問題とかが苦手だった。

今回のテスト結果で、発達的に引っかかるとは、到底思えない。
次の診察で、「あなたはこの辺りが苦手ですが、基本的には社会人として通用するレベルです。」って言われると思う。
得意不得意は明確にしつつ、何でもやりたいようにやっていきたいと思ってます。

ぼ、ぼ、ぼ、募集中!

参加者募集中

2017年10月22日(日)13:30~フォーチュンクッキーと人狼の会初心者歓迎!

投稿者:

wishigrow

ウィッシグゥローと発音して下さい。 イラスト制作とWebプログラミング、イベント企画が得意なマルチクリエイターです。 妻に逃げられた男。 元議員秘書。 元ディズニーシーキャスト。 基本フォロー返ししています。宣伝アカウント以外はね。

「発達障害のテスト2回目」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です