同志社マンドリンクラブ

まなざし

投稿日: カテゴリー 音楽

「良い音楽はいつもの空間からどこか別の世界へ連れてってくれる。
そして良い音楽をつくるのは”まなざし”である。」

同志社大学マンドリンクラブ定期演奏会に行ってきた

このクラブに、元職場の元インターンがいるので、毎回誘ってくれる。
(・・・チケットのノルマがあるらしい。)

その子が2回生の時から行ってるのか?
もう4回以上もこのマンドリンクラブの演奏を聴きに行っている。

そして、その子は来年の春に卒業なので、その子にとっては最後の演奏会。
僕ももう最後かな?

(スポンサードリンク、いったんCMです。
ここまで)

同志社大学マンドリンクラブ

いい演奏だった

別の世界に連れていかれた感覚になった。

疲れてたんだけど、心に響いた。
ちょっとウトウトした時もあったけど、それも含めて心地よかった。

ぶっちゃけいうと、クラシック音楽の良し悪しとか、上手い下手とかわからんけど、
たぶん、チームワークが良かったのだと思います。

まなざし

演奏者1人1人が指揮者の方を向いているのだが、
みんな、まなざしがきれい。

そして、その”まなざし”で演奏への向き合い方がよくわかる。

とりあえず、もう一回言っておこう。
”まなざし”でわかる。

自分はどうのか?

僕は何に向かう時、きれいな”まなざし”になるのだろうか?

ぼ、ぼ、ぼ、募集中!

参加者募集中

2017年9月24日(日)13:30~紅茶のパウンドケーキと人狼の会初心者歓迎!

投稿者:

wishigrow

ウィッシグゥローと発音して下さい。 イラスト制作とWebプログラミング、イベント企画が得意なマルチクリエイターです。 妻に逃げられた男。 元議員秘書。 元ディズニーシーキャスト。 基本フォロー返ししています。宣伝アカウント以外はね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です