200円

時給200円の仕事とコンテンツマーケティングの相談

投稿日: カテゴリー web

今週は2日連続で仕事の打ち合わせがあった。
その仕事をやり遂げられるかどうかわからんのですが、引き合いがあって嬉しい限りです。
『あいつに頼めば面白いことが起こりそう・・・』って思ってくれてるのかなぁ。
そのお見立て、大正解!

(スポンサードリンク、いったんCMです。
ここまで)

火曜日はWordPressプログラミングの依頼

僕はWebプログラミングができるんです。
PHPってやつや、JavaScriptってやつ。
それで何ができるかというと、Webサイトがつくれます。
ただし、かっこいいデザインが苦手なので、Webデザイナーとは言えないのが難点。

最近、一般的なWebサイトをつくるにはWordPressでつくるのが主流になっている。
この”ワラクリ”もWordPressでつくっています。

で、このWordPressは簡単でもあるし、難しくもある。
こだわりなくWebサイトをつくって、僕のようにブログスタイルで文章を投稿するだけなら、他の方法より簡単につくれます。
ただ、あれもしたい、これもしたいとなると逆に難しくなる。
内部が複雑で、これを表示させるのってどこに書いてあるの?って思う。

例えると、「パイレーツ・オブ・カリビアン」とか「ナショナル・トレジャー」の宝探しみたいで、「ある場所を変えれば、表示も変わる」というのがわかると、逆にすごく嬉しい。

時給200円の仕事

そのWordPressの依頼だったのですが、僕自身も初めての依頼内容で、できるかどうかわからないし、依頼人のIさんもそんなやつに仕事を任せるのは不安やし、いきなり本番は無理。
というわけで、テストでページをつくってみることになりました。

Iさんは太っ腹なことに、テストページやのに2000円払うって言ってくれた。
こういう人と組んで仕事ができるのは幸せなことだ。

早速、家で一生懸命プログラムしました。
最初の方は『なんという簡単さ!』とかって、調子に乗っていたのですが、わからないことは出てくるものです。
それぞれ一生懸命に調べて、考えて、解決しました。
宝探しみたいに。
結局は3日かかった。
10時間以上かけてるので、時給200円を下回ってますね・・・。

でも本質的には時給1252円

実際にもらえる金額は2000円だけど、それ以上の価値があった。

採用試験に受験料を徴収することで物議を醸したドワンゴという会社があるけど、そこの受験料は2525円。
同じようにテストしてもらうのだから、受験料を僕が払うのが筋かもしれないよね。

さらには、今回の課題をもらったおかげですごく勉強になった。
新しい知識・技術が習得できたんです。
これは8000円くらいの授業料を払う価値があった。

というわけで本質的には12,525円を手に入れたようなものだ。

・・・まぁでも、先に技量の証明ができるものを用意しておく、それが一番ですけどね。

木曜日はコンテンツマーケティングの仕事

もう一つは、Webを使った情報発信の相談でした。
一生懸命に仕事をするのも大事ですが、その仕事ぶりをちゃんと発信することも大事ですよね。
あるいは、考えていることの発信。

Webに情報を載せておけば、見たい人が時間のある時に見てくれて、そして中身に共感してくれれば、知らない間に信頼してくれてる。
そういう力があるなぁって、最近実感しているところです。

だから、事実をちゃんと伝えて、難しいことを分かりやすく伝えて、そしてできれば面白く伝えたい。
そういうコンテンツを依頼者とともに一緒につくっていければなぁと思うのです。
デザインは苦手だけど、コンテンツをつくることにおいては僕が最適だと思う。

この仕事はどれだけ時間がかかったとか、労力がかかったではなく、成果に集中して、しっかり貢献したいなぁと思っているところ。

後記

よし、今日もブログを書いて、勉強になった。
仕事に対する理解が深まった。
読んでくれた方、お付き合いいただき、ありがとうございます。

ぼ、ぼ、ぼ、募集中!

参加者募集中

2017年10月22日(日)13:30~フォーチュンクッキーと人狼の会初心者歓迎!

投稿者:

wishigrow

ウィッシグゥローと発音して下さい。 イラスト制作とWebプログラミング、イベント企画が得意なマルチクリエイターです。 妻に逃げられた男。 元議員秘書。 元ディズニーシーキャスト。 基本フォロー返ししています。宣伝アカウント以外はね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です