自分の物語

人生には物語が必要で、自分物語は自分でつくる

投稿日: カテゴリー これからの生き方

こんにちは、マンガとかアニメがかなり好きなwishigrowです。
見ますか?マンガとかアニメとか。
では、ドラマは?小説は?映画はどうですか?

なんにせよ、物語を摂取していますか?

(スポンサードリンク、いったんCMです。
ここまで)

人生には物語が必要

人生には、食べ物とか住む場所とか愛とかお金とか健康とかが必要だ。
そういうのに異論はないと思います。

それに比べあまり聞かないかもしれないけど、『人生には物語が必要なんじゃないか』って思っています。

僕らは小さいころからずっと、物語を摂取してきましたよね。
最初は”どうぞのいす”という絵本。
そして、”日本昔話”とか”世界名作劇場”なんてアニメ。
“ドラゴンボール”とかジブリのアニメとか。
“スターウォーズ””インディ・ジョーンズ”
色々な物語をいっぱい摂取してきた。

それは、娯楽じゃなくて必要だから摂取しているんだと思うのですよ。

なぜ物語が必要か?

なぜ物語が必要か?

まぁ、わからんねんけど、
『自分が誰かわからんから。』というところにあるんちゃうかな。

まぁ、なぜ睡眠が必要か、なぜ適度な運動が必要か、というのと似てると思う。
テキトーでゴメンね。

自分物語も自分で組み立てていく

人は外部から物語を摂取しつつ、自分という物語も生きている。
その筋書きを書いているのはもちろん自分。

すべてが自分の思い描いた通りになるとは思っていない。
環境によって物語は大きく変わると思う。
でもその環境を変えるかどうかも物語次第。

世捨て人の物語

自分の話をします。
2年くらい前まではパパとしての物語を生きていた。
しかし、妻に逃げられた。
子どもを妻に連れていかれたせいで、何者でもない状況に陥ってしまった。
つまりは、自分物語が崩壊してしまった。

それでも、その喪失感を少しづつ自分の言葉でうめて、物語を摂取して、
そして、ゆっくりと組み立てていった物語は”世捨て人の物語”

自分は妻に裏切られ、愛する子どもたちにも自由に会えなくなってしまった男だ。
だから、少しの嫌な思いもしたくない。
働きたくない。
我慢しない。
生きれなければ死ねばいい。
言いたいことはハッキリ言う。
もっと楽しむ。一週間後も生きている意味があるように楽しい予定をもっと入れる。

なんだか逆説的だが、世捨て人としては、成功している。
生きていくための最低限の収入があって、遊びたいと思ったことが実現できて、一緒に遊んでくれる人がたくさんいる。
世捨て人としての幸せを手に入れているのです。

まぁ、”世捨て人”の本来の意味は置いといてくださいね。

次の物語へ

でも、残念ながら、この幸せは手放さないといけないかもしれない。
“世捨て人の物語”を手放す時期なのかもしれない。
次の物語を生きたいと強く願っている。

少し時間がかかるかもしれないが、徐々に自分の物語を書きかえていこうって思ってる。

それはもちろん、”好きな人と幸せになる物語”だ。

みんなはどんな物語?

みんなはどんな物語を生きているのだろうか?
“モテる男の物語” “気高い仕事人の物語” “無能な自分の物語” “ポジティブなキラキラ女子の物語”

面白そうやから、たくさん聞かせて欲しい。

ぼ、ぼ、ぼ、募集中!

参加者募集中

2017年6月25日(日)13:30~水無月と人狼の会初心者歓迎!

2017年6月27日(火)19:00~京都リレーションダンスの会part6初心者募集!

投稿者:

wishigrow

ウィッシグゥローと発音して下さい。 イラスト制作とWebプログラミング、イベント企画が得意なマルチクリエイターです。 土曜日だけ酒場の店長。 妻に逃げられた男。 元議員秘書。 元ディズニーシーキャスト。 基本フォロー返ししています。宣伝アカウント以外はね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です