京阪電車終電

終電逃して、家まで10キロ歩く。ありえなくはない。

投稿日: カテゴリー 楽しく走ること

こんにちは、wishigrowです。

「ありえないなぁ」って思っていることでも、やってみると意外にできるかもしれない。
習慣や常識の罠に囚われないようにしたいな。

終電逃して、家まで10㎞ほど歩いて帰ってそう思った。

(スポンサードリンク、いったんCMです。
ここまで)

終電逃した

終電に間に合うペースで飲んでたはずなのに、すでに判断能力が低下していたのか、終電逃した。

四条烏丸でWebプログラミングの仲間と飲んでいた。
一次会でたくさん飲んだ、二次会でもおかわりしたっけ。

で、終電を気にしていたはずなのに、お店を出た時にはあと5分っていう時間だった。
祇園四条駅まで行かないといけないので、10分は必要なんですよね。
ぜんぜん間に合いませんでした。

タクシー乗る?

ここで普通ならタクシーに乗るべきところだ。
お金がないわけではない。

しかし、乗らなかったなぁ。

酔ってたからどういう思考回路だったのか分からんけど、とりあえず南に向かって走り出したんですよね。

最近ランニングをサボり気味だったのもある、
酔って、それでも元気だったのもある、
車に乗ると逆に吐きそうになるのもある。

分からんけど、水が低い方へ流れるように走り出していた。

まぁ、荷物もあるし、すぐに歩いちゃうわけですけどね。
でもスマホのランニングアプリを立ち上げてスタートボタンを押してた。

むしろ早く感じる

酔ってる影響かもしれんけど、もう七条?もう東福寺?ってどんどん進んでる感覚。
深夜0:30くらいです。
寒いのやろうけど、酔ってるし走ってるし、汗かかなくてちょうどいい。

苦行な感じは全くなく、ただ進む感覚に身をゆだねます。

もしかしたら、何かをブツブツ呟いていたかもしれませんね。

歩行距離

約10kmです。
1キロあたり、10分くらいかかっています。
だから、100分かかった。1時間40分ですね。

ちなみに電車に乗れていたら40分くらい。

ありえなくない

『四条から自宅まで歩くなんて、ありえない』って思ってた。
でも、思うほどは大したことなかった。

言うても、ランニングで5㎞~12㎞は走れてるので、ありえる距離だったわけですね。
心理的な距離と実際の距離は違ったなぁ。

さらに、翌日も10時からはお仕事があったわけですが、飲みすぎのしんどさはあるものの勤務はできました。
そういう面でも大丈夫だった。

固定観念だったかも

「四条から自宅は電車」っていう固定観念があったのかも。
別の方法もあるのに。

他にもあるかもしれない、固定観念。
『自分にはできない』って思い込んでることがあるかも。
知らず知らずに作った檻の中にいるのかもしれない。

10㎞と100分のおかげで、強くそう思った。

アホやからできること

終電逃して10㎞を歩いて帰るなんて、アホの所業や。
分かっておる。

まぁでも、アホやからこそできることをやっていこう。

そして、今度から飲み会に行くときは、肩掛けのカバンじゃなくてリュックやな。
いつでも歩いて帰ったる。

ぼ、ぼ、ぼ、募集中!

参加者募集中

2017年9月24日(日)13:30~紅茶のパウンドケーキと人狼の会初心者歓迎!

投稿者:

wishigrow

ウィッシグゥローと発音して下さい。 イラスト制作とWebプログラミング、イベント企画が得意なマルチクリエイターです。 妻に逃げられた男。 元議員秘書。 元ディズニーシーキャスト。 基本フォロー返ししています。宣伝アカウント以外はね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です