サルサde婚活ダンスパーティー

婚活ダンスパーティーに参加して、ドギマギした話。サルサ de 婚活!

投稿日: カテゴリー 京都で交流ダンスタグ

こんにちは、wishigrowです。

いきなりですが、『2017年は踊る年にしよう!』って思っているのです。
というわけで、2017年1月9日(月・祝)”サルサ de 婚活!”というものに参加してきました。
婚活!

サルサ未経験の自分は、どういう目に遭ったのでしょうか?
女性と出会うことができたのでしょうか?

すべてがドギマギでした。

(スポンサードリンク、いったんCMです。
ここまで)

サルサ de 婚活!

Facebookのタイムラインに流れてきました。
どうやら広告が打たれていたようです。

最初に広告を見た時点で、『なんちゅうハードルの高いイベントをやるんや!』って思いました。
婚活で、しかもダンスですよ。
『こういうのに参加できる男性は稀だろう』って思ったんです。

『じゃあ自分が参加するしかない!』って、使命感を感じまして、即行で参加を決意したのでした。
知ったその日に申し込みです。

ダンスが目的です

日本人男性でダンスに寛容な人って稀なんですよ。
10人のうち8人は拒否反応を示します。
踊れる男性は踊った方がいいのです。

だから、婚活イベントというよりも、ダンスパーティーという認識で参加しました。

おそらく主催者側もダンス普及のために企画していると思います。
婚活イベントにしたのは、京都市の助成金が出るからだと僕は考えています。
少子化対策の一環ですから、大事ですよね。

あくまでも自分はダンスが目的です。
踊りたいのです。

でも、そわそわ

しかし、会場に向かう時はそわそわしましたね。
初めての体験ですから、そうなるのはしょうがない。

『踊れなかったらどうしよう』とか、『ペアを組んでくれる女性がいなかったらどうしよう』って思います。

移動中の電車でも『誰か、話し相手が欲しいよう~』って思ってた。
そわそわ そわそわしながら、元立誠小学校に向かった。

元立誠小学校

第1部 初心者講習

受付時間とダンスの開始時間を勘違いしていました。
だから、一番乗りで会場に到着してしまった。
“めっちゃ気合入ってるヤツ”と思われたかもしれないです。

50分ぐらい待ちましたが、サルサ経験者の男性に色々と教えてもらいました。
まず、”カフェ ルンビータ”が京都におけるサルサの聖地になっています。
サルサ以外に、”メレンゲ”、”バチャータ”というダンスも踊るそうです。
なんか美味しそうなダンスですね。

少しの予備知識を得たうえで、本編の初心者講習スタートです。
100名ほどが集まっていたようです。

講習は超初心者向けで、かなり簡単でした。
ステップも単純です。
ただし、ステップが単純なだけに、普通にやると踊ってる感が出ないんですよね。
熟練が必要だなぁと思いました。

サルサ初心者講習

女性の先生から教わるのですが、先生の腰とお尻の動きが魅惑的すぎて、見とれてた。
見ているだけでワクワクする動きでしたね。
くねくね、くねくね、すごかったです。
引力を感じた。

全部で2時間だったのですが、休憩時間がかなり多く取られていました。
休憩している間に、男女の仲を育みましょうっていう趣旨だったようですが、それは無茶ぶり感あったよ。

第2部 ダンスパーティー

メレンゲ、バチャータ、サルサのレクチャーが終わり、午後4時からはフリーのダンスパーティーです。

フリーってことは、どの女性を誘っても良いということ。
ですが、自ら誘わなければいけない!
いうても1時間程度のレクチャーしか受けてない初心者が、女性を踊りに誘うっていうのは、かなりキツイ状況でした。
何もわかっちゃいないんですから。
でも、頑張って誘うんですけどね。

いざ踊るとなると、wishigrowはフォークダンスで鍛えたリズム感がありますので、あんがい踊れるんです。
相手の女性からも「え、初めてなんですか~。踊れてますよ~。」って言われました。
音楽を聴いてリズムに乗ればいいんですよ。

ただし『これでいいのかなぁ』『この次どうすればいいのかなぁ』という不安は常にありました。
やっぱりドギマギです。

6名ほどの女性と踊ったと思います。
楽しみましたよ、当然。

ステージプログラム

ダンスパーティーの途中にステージプログラムもありました。
とても良かったです。

ベリーダンス

ベリーダンス最高でした。
女神降臨って感じ。
上半身がほぼ下着なんですよね~、むふ~ん。

ベリーダンサーAYAKO

ダンサーはAYAKO氏。
かなり可愛らしさが漂うダンサーだったと思います。
背中のお肌も美しい。

控えめに言って最高でした。

マイケルジャクソンのダンス

京都を拠点にしているダンサーの中では、かなり有名なのではないでしょうか。
マイケルジャクソンのダンスをするMasaki氏のパフォーマンスもありました。

マイケルダンスMasaki

会場全員でスリラーを踊るのは、壮観でしたね。

ロスホコス

ロスホコスって聞いた時びっくりした。
知ってる人が所属してるから。
コントラダンスの時に一緒に踊ったフクちゃんがやってる。

ロスホコス

おやじダンサーズ ロスホコス、ユニークで面白かった。
フクちゃん、久しぶりに会った。

あと、ロスホコスのマネージャーの先生に指名されて、真ん中で踊らされたのは恥ずかしかったなぁ。
こういう時、いつも当てられるんだよなぁ。

ジャンルはコンテンポラリーダンスということでしたが、先生の無理矢理ダンスはフォークダンスに近かったです。

ダンス会の感想

サルサは今回初めて踊りました。
初心者でも楽しめます。
でも、踊り感を出すには熟練が必要。特に男性は。

ダンスの会としては、結構厳しいものがあるかもしれません。
男性はある程度ダンスを分かってないと、女性を誘いにくい。
そんな男性が多いと、女性は誘われないから踊れない。
居心地の悪さを感じた人がそれなりにいたかも。

日本には社交としてのダンス文化がないから、難しいですね。

僕は踊れるように頑張って鍛えようと思います。
男性の皆様いかがですか?

男女の出会いの方

で、気になる男女の出会いの方ですよね・・・。
婚活の方・・・。

ダンスを目的に行ったというのもあるし、
自分は婚活市場で弾かれる男だよなぁ、という負い目もあるし、
積極的になれなかったんですよね~。
ダンスにはアグレッシブだったんですけどね。

メッセージカードにメールアドレスを書いて、気になった人に渡すというシステムがとられていました。
3枚のメッセージカードは使い切って、4名の女性と連絡先を交換しました。

今後何かの展開があるかもしれないのですが、婚活イベントよりも趣味の活動で出会った方が次につながると思う。
婚活イベントはこれが最初で最後かも。

まとめ

その後さっそく、ダンス会で出会った人達とともにカフェ ルンビータに行ったのですが、それは別の記事として書きますね。
こうご期待。

カフェ ルンビータでは毎日何かのダンスが催されているそうですよ
カフェ ルンビータ

皆さん、ダンスを楽しみましょう。

ぼ、ぼ、ぼ、募集中!

参加者募集中

2017年11月26日(日)13:30~ラフランスと人狼の会初心者歓迎!

投稿者:

wishigrow

ウィッシグゥローと発音して下さい。
イラスト制作とWebプログラミング、イベント企画が得意なマルチクリエイターです。
妻に逃げられた男。
元議員秘書。
元ディズニーシーキャスト。

基本フォロー返ししています。宣伝アカウント以外はね。

「婚活ダンスパーティーに参加して、ドギマギした話。サルサ de 婚活!」への5件のフィードバック

  1. お疲れ様でした(笑)
    ガフィエラのレッスン見学も来ていただきましてありがとうございます。
    また楽しく踊りに来てくださいね〜!
    ところで、ロスホコスJrになるんですか?

    1. こんにちは。
      またレッスンに参加さてもらいます。

      ロスホコスJrって、
      なりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です