メキシコのビール

新しい技は望むところなのだが、難しくて自信喪失。サルサダンスの5回目

投稿日: カテゴリー 京都で交流ダンスタグ

こんにちは、サルサダンス練習中のwishigrowです。

「楽しんでるうちに習得できるわ~、ハハハー」って思っていたのです。
しかし、新しい技がきたとたんに、パニクる。
それを意識すると、いつものステップもぎこちなくなる。
そんなレッスンになりました。

(スポンサードリンク、いったんCMです。
ここまで)

今回のレッスン

なぜか今回はめっちゃ参加者が少なかった。
よく会う人がいない。
ビックリ。

そんなわけで基本ステップはすっ飛ばして新しい技の集中レッスンになりました。

まずは、クロスボディリード的なやつ。
キューバンではパセアラーというらしい。
男性と女性の場所を入れ替える技なのですが、男性は右方向に進んで、女性の元いた場所に移動します。
終わった時に、近くにいるパターンと、遠くにいるパターンがある。

遠ざかるパターンはちょっと混乱しましたが、何度もやっていると分かってきました。
ステップは十分理解できたので、あとは慣れるだけだ。

その次の技が難しかった。
頭からケムリが出そうだった。

技の名前は外国語だから聞き取れなかった。
離れるステップを踏み、女性を引っ張り反時計回りに回しつつ、左前方に移動し、体の向きを変える。
女性が横にいるので、バックへのステップで5678。
女性が横にいる状態でベーシックの1234。
5678はパセアラー的な動き。

って、何を書いてるのか分かんねーな。
そんくらいの理解度だったのですよ。
だから、上手くはできないのです。

自信を失ってしまった。
何回かやっていると、分からないところがどこなのかは分かってくる感じにはなりましたが、まだ体の動きとしては掴めていません。
努力が必要なようだ。
うむむ。

フリータイム

自信を失ってしまうと、フリータイムも楽しめなくなりますね。
踊っていても緊張のせいで汗が出てきます。

『できない自分が女性と踊っていて、なんか失敗してしまうんじゃなかろうか・・・』
どんどんぎこちなくなってしまいます。
全てが分からなくなってくる。

めっちゃ怖気づいてしまいました。
石化状態になってしまった。

まだまだこれからってことやし、もっと楽しめるってことだな。
こっから先の努力はきっとできる。
家でも腰ふって練習だ!

レッスン負荷

1度だけ休んだが、それ以外は毎回参加している。
ちょうどいい負荷で教えてもらってると思う。
最初から難しいのをやったら壁がありすぎると感じるが、徐々に難しくなっているのでちょっと頑張ればできそうな感じだ。

楽しいばかりではなくなってきたが、なんとかついていこうと思う。

ダンスしたい

こうなってくると、『練習したい!』っていう思いが強くなりますね。

自分で主催し出した”リレーションダンスの会”が来週にでもあればいいのにって思うけど、再来週だなー。
初心者から楽しく交流するダンス会「京都リレーションダンスの会」
月2回くらいは開催すべきかな?

あと、3月11日はフランスのフォークダンス会に行って、交流ダンスを楽しもうと思います。
プチバル

サルサダンスのハードルの高さを感じつつも、楽しみながらやるべきだと思いつつ、努力もしちゃうという矛盾を抱えながら踊ってます。

楽しい、けど深入りすると難しい、何でもそうですよね。
一緒に踊れる人が身近に増えたらいいなぁと思いつつ、また来週だ。

ぼ、ぼ、ぼ、募集中!

参加者募集中

2017年12月13日(水)19:00~伏スイ人狼バグねん会突発企画

投稿者:

wishigrow

ウィッシグゥローと発音して下さい。
イラスト制作とWebプログラミング、イベント企画が得意なマルチクリエイターです。
妻に逃げられた男。
元議員秘書。
元ディズニーシーキャスト。

基本フォロー返ししています。宣伝アカウント以外はね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です