妖怪女子ウォッチ

爆笑できる恋愛本「妖怪女子ウォッチ(byぱぷりこ)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本と書評

とても面白かった。
恋愛本なのに爆笑できるってすごい。

恋愛ブロガーのぱぷりこ氏による「なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ」を読みました。
爆笑できたし、怖いとも思った。

(スポンサードリンク、いったんCMです。
ここまで)

恋愛ブロガー ぱぷりこ

『この人のブログはおもろいなー。』って思うことがたまにある。
ぱぷりこ氏のブログもその一つ。
http://papuriko.hatenablog.com/

“妖怪男ウォッチ”というタイトルで、ぱぷりこ氏が出会った(エンカウントした)危険な男たちの生態や心理状況を暴く恋愛指南ブログです。
独自の言語センスがツボに入って笑えるし、心理への迫り方も痛烈。
楽しく読ませてもらっていたので、書籍を購入しました。

ぱぷりこ氏といい、ちきりん氏といい、pha氏といい、ハンドルネームのまま出版されるのが面白いですね。
普通なら、かなりふざけた名前だ。

爆笑できる恋愛本

「なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ」は完全に女性向けの恋愛本です。
なぜ男の私がそんな本を買うのか?って聞かれると、笑いたかったからです。

そして、期待通り笑えました。
言語センスがツボに入るのですよ。

例えば、

プラン・チェック・アクションがなく、とにかく走るだけというDDDDサイクルのため・・・

このDDDDサイクルのインパクトの強さすごい。
PDCAサイクルじゃなくて、DDDDって突進感が半端ない。

こういうのがわんさか出てきて、めっちゃ笑ってしまうのです。

ブログ出身者ならではですね。「伝わる人にだけ伝われ」っていうようなフレーズがいっぱい出てくる。
“稗田阿礼”が出てきた時にはビビった。恋愛本で目にする名前かよ!

構成がいい

18タイプの妖怪女子が出てきます。
「ピンとくる信仰女子」とか「ずっとセカンド女子」とか。

それぞれ、<インタビュー><20代前半><アラサー以降>という3部構成になっています。
とても分かりやすい。

まず、インタビューは女子会トークを盗み聞きしているような臨場感。
ぱぷりこ氏のツッコミも面白い。

20代前半では心理やら、男からどういう扱いをされるのかなどの状況分析が入る。

そして、アラサー以降は未来の姿があらわになる。
だいたい地獄に叩き落とすような内容。

怖くなってくる

序盤の女子たちは、恋愛下手って感じのタイプ。
それをぱぷりこ氏が痛烈にディスるのが笑える。
男目線からでも『その通りやな~』って思うのですが、異性はなかなかディスれないですからねー。
良いこと言うなーって笑いながら読める。

しかし、中盤の女子たちはハッキリ言って怖い。
まさに妖怪女子。
女性の恋愛本を読んでるはずなのにベルセルクを読んでいるような感覚になった。
『幽世(かくりよ)の住人やー、怖ー!』って思った。

主張は明確

面白くて読みやすい構成になっていますが、主張は明確でとても納得できます。

ちゃんと現状認識すること、自分の求めるものを把握すること、言うべきことを言って動くこと。

それができないと、地獄行きじゃ~。

そっと手渡したい本

女性の恋愛話を聞いた時に、「いや、別れろよ。」って言いたい時がたまにある。
でもそれって、スルーされるだけです。
そんな時はそっと手渡したいですね、この本を。

そんなわけで、とてもオススメです。
女性にとっては実例豊富でためになる。
男性にとっては爆笑できて、面白い。
あと、『元カノは束縛ネトスト女子やったかもー』というような学びがあるかもしれません。

ぼ、ぼ、ぼ、募集中!

参加者募集中

2017年9月24日(日)13:30~紅茶のパウンドケーキと人狼の会初心者歓迎!

投稿者:

wishigrow

ウィッシグゥローと発音して下さい。 イラスト制作とWebプログラミング、イベント企画が得意なマルチクリエイターです。 妻に逃げられた男。 元議員秘書。 元ディズニーシーキャスト。 基本フォロー返ししています。宣伝アカウント以外はね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です