人の世は意外性だらけだよね。「烏に単は似合わない(by阿部智里)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本と書評人の世は意外性だらけだよね。「烏に単は似合わない(by阿部智里)」 への1件のコメント

「思っていたのと違う」「意外だった」というのは、良い意味の時もあるし、悪い意味の時もある。
ツンっとした女性がお年寄りに手を差し伸べた時とか、ハッとしたりする。

「烏(からす)に単(ひとえ)は似合わない」はそんな小説だった。
うっひゃーって思うほどの意外性がある。

続きを読む 人の世は意外性だらけだよね。「烏に単は似合わない(by阿部智里)」

視点の転換が面白い!好奇心と一途さと「夜は短し歩けよ乙女(by森見登美彦)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本と書評視点の転換が面白い!好奇心と一途さと「夜は短し歩けよ乙女(by森見登美彦)」 にコメントを残す

読者諸賢、ごきげんよう。
って、登場しましたるはワラクリのwishigrowです。

「有頂天家族」を読み、自分の生活には小説が必要だと感じましたので、引き続き森見登美彦作品を読むことにしました。
「夜は短し歩けよ乙女」です。
10年も前のベストセラーなので今更感がありますが、めっちゃ面白かったです。

続きを読む 視点の転換が面白い!好奇心と一途さと「夜は短し歩けよ乙女(by森見登美彦)」

強烈に小学生の頃を思い出す「わたしを離さないで(byカズオ・イシグロ)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本と書評強烈に小学生の頃を思い出す「わたしを離さないで(byカズオ・イシグロ)」 にコメントを残す

こんにちは、wishigrowです。

作者の名前のせいで気になっていた小説がある。
「カズオ・イシグロ」の「わたしを離さないで」だ。

『この人、親戚なんじゃねぇの?』って思ったりしていたのです。

続きを読む 強烈に小学生の頃を思い出す「わたしを離さないで(byカズオ・イシグロ)」

アオイホノオ(ドラマ版)がやっぱおもろい

投稿日: カテゴリー 読んだ本と書評アオイホノオ(ドラマ版)がやっぱおもろい にコメントを残す

こんにちは、wishigrowです。

Amazonプライムでアオイホノオが見れる。
これは、3年くらい前にテレビドラマで放映されてたやつ。
もっかい見てもやっぱおもろい。

続きを読む アオイホノオ(ドラマ版)がやっぱおもろい

京都を舞台にした狸ファンタジー「有頂天家族(by森見登美彦)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本と書評京都を舞台にした狸ファンタジー「有頂天家族(by森見登美彦)」 への2件のコメント

こんにちは、京都在住のwishigrowです。

“有頂天家族2”というアニメが放映中で、これは京都を舞台にした物語だ。
人間模様というか、たぬき模様がなかなか面白い。
1を見ていないので、話の筋を追うために原作本を読みました。

続きを読む 京都を舞台にした狸ファンタジー「有頂天家族(by森見登美彦)」

天才か?犯罪者か?光もあれば影もある「発達障害(by岩波明)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本と書評天才か?犯罪者か?光もあれば影もある「発達障害(by岩波明)」 にコメントを残す

こんにちは、wishigrowです。

岩波明氏著の発達障害という本を読みました。
自分自身が「発達障害かも?」って思う節があるので、書店で目に付いて買ってしまった。

書評というより思っていることを書きますね。

続きを読む 天才か?犯罪者か?光もあれば影もある「発達障害(by岩波明)」

京都らしさとはこういうことか!「京都おみやげ大全(by佐藤紅)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本と書評京都らしさとはこういうことか!「京都おみやげ大全(by佐藤紅)」 にコメントを残す

「本を出してるし。」
「100冊くらい買ってよ。」
って言われたのです。

こんにちは京都伏見のwishigrowです。

冒頭のようなきっかけで、「京都おみやげ大全」を買ってみました。
とても参考になる本だった!

続きを読む 京都らしさとはこういうことか!「京都おみやげ大全(by佐藤紅)」