女子高生の気持ち分からん「玉依姫(by阿部智里)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本の感想・書評タグ 女子高生の気持ち分からん「玉依姫(by阿部智里)」 にコメントを残す

八咫烏シリーズを5作目まで読み進めた。

しかし、今回のは面白くなかった。
ファン心理も吹っ飛んだ。

続きを読む 女子高生の気持ち分からん「玉依姫(by阿部智里)」

冷静な判断と諦める力があれば!「達人に学ぶDB設計徹底指南書」

投稿日: カテゴリー これからの生き方, 読んだ本の感想・書評冷静な判断と諦める力があれば!「達人に学ぶDB設計徹底指南書」 にコメントを残す

頑張れば何とかなる。
きっとすべてが上手くいく。
上手くいかないのは、努力が足りない、技能が足りない、熱心さが足りない。

という風に思っていたけど、『トレードオフじゃねえのか?』って見方を変えると、別の解決策が思いつく。
いま、トレードオフがマイブーム。
いい意味で諦めがついた。

続きを読む 冷静な判断と諦める力があれば!「達人に学ぶDB設計徹底指南書」

学園もの!仲間とライバルはいいなぁ「空棺の烏(by阿部智里)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本の感想・書評タグ 学園もの!仲間とライバルはいいなぁ「空棺の烏(by阿部智里)」 にコメントを残す

仲間が増えていくことや、友情の日々は萌えますね。
少年漫画によく出てくるやつ。

八咫烏シリーズ4作目「空棺の烏」はとても読みやすい作品でした。

続きを読む 学園もの!仲間とライバルはいいなぁ「空棺の烏(by阿部智里)」

女子校と教師と殺人事件「放課後(by東野圭吾)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本の感想・書評女子校と教師と殺人事件「放課後(by東野圭吾)」 にコメントを残す

そういえば、放課後が大事だった。

女子高校が舞台の推理小説“放課後”。
30年以上も前の小説。
私が「女子校の教師とかめっちゃいいやーん。」とか思っていたのは高校生の時で20年前の話だな。

続きを読む 女子校と教師と殺人事件「放課後(by東野圭吾)」

面白い!冒険譚かつミステリー「黄金の烏(by阿部智里)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本の感想・書評タグ 面白い!冒険譚かつミステリー「黄金の烏(by阿部智里)」 にコメントを残す

面白い。
求めていた冒険ファンタジーがやっと読めた。
さらにはミステリーでもあるので、ゾクゾクした。

八咫烏シリーズ3作目「黄金の烏」、面白いです。

続きを読む 面白い!冒険譚かつミステリー「黄金の烏(by阿部智里)」

批判者ではなく、挑戦者でありたい!「何者(by朝井リョウ)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本の感想・書評批判者ではなく、挑戦者でありたい!「何者(by朝井リョウ)」 にコメントを残す

選挙中やからかもしれんけど、最近批判が飛び交っている。
批判はもうお腹いっぱいだ。

そんな中でちょうど良い本を読んだ。
「何者」っての。
若輩者ですが、感想を記します。

続きを読む 批判者ではなく、挑戦者でありたい!「何者(by朝井リョウ)」

地元が舞台だ!「京都伏見のあやかし甘味帖(by柏てん)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本の感想・書評地元が舞台だ!「京都伏見のあやかし甘味帖(by柏てん)」 にコメントを残す

京都伏見を舞台にした新刊小説なら読まずにはおれんだろう。
地元愛が強いから。

「京都伏見のあやかし甘味帖」って、本屋で見つけた時は『読まなきゃ!』って思った。
しかし、地元民ならではの厳しい視線で読むのだった。

続きを読む 地元が舞台だ!「京都伏見のあやかし甘味帖(by柏てん)」