腐れ縁いいなぁ 「四畳半神話大系(by森見登美彦)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本の感想・書評タグ 腐れ縁いいなぁ 「四畳半神話大系(by森見登美彦)」 にコメントを残す

予定のない連休なので、急に進路を変えた台風にも『どうぞ、どうぞ』って思っている。
寂しいやつだなぁ、オレは。

心躍るイベントもなく、変な遊びに誘ってくれる友達もおらず、愛しき恋人もいない。
ランニングと読書しかやることがない。
足に疲労を溜めて、畳の上に寝ころんで、手にとったのは「四畳半神話大系」、森見登美彦氏の作品です。

続きを読む 腐れ縁いいなぁ 「四畳半神話大系(by森見登美彦)」

自分の強みが見つかりませーん「競争社会の歩き方(by大竹文雄)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本の感想・書評自分の強みが見つかりませーん「競争社会の歩き方(by大竹文雄)」 にコメントを残す

タイトルに騙されてしまったな。
経済学はハッタリが大事なのか。

大竹文雄氏による“競争社会の歩き方 自分の「強み」を見つけるには”を読んだ。
騙されたのだが、いい本だと思う。

続きを読む 自分の強みが見つかりませーん「競争社会の歩き方(by大竹文雄)」

爆笑できる恋愛本「妖怪女子ウォッチ(byぱぷりこ)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本の感想・書評爆笑できる恋愛本「妖怪女子ウォッチ(byぱぷりこ)」 にコメントを残す

とても面白かった。
恋愛本なのに爆笑できるってすごい。

恋愛ブロガーのぱぷりこ氏による「なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ」を読みました。
爆笑できたし、怖いとも思った。

続きを読む 爆笑できる恋愛本「妖怪女子ウォッチ(byぱぷりこ)」

立場は似ているが想いは色々。「烏は主を選ばない(by阿部智里)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本の感想・書評立場は似ているが想いは色々。「烏は主を選ばない(by阿部智里)」 にコメントを残す

小説の感想をネタバレなしで書くのって、難しいですね。

「烏は主を選ばない」は八咫烏シリーズの2作目。
ファンタジー小説で、八咫烏の国の王子様の物語。
分かりやすくて読みやすく、1作目とリンクしているのが嬉しい。

続きを読む 立場は似ているが想いは色々。「烏は主を選ばない(by阿部智里)」

人の世は意外性だらけだよね。「烏に単は似合わない(by阿部智里)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本の感想・書評人の世は意外性だらけだよね。「烏に単は似合わない(by阿部智里)」 への2件のコメント

「思っていたのと違う」「意外だった」というのは、良い意味の時もあるし、悪い意味の時もある。
ツンっとした女性がお年寄りに手を差し伸べた時とか、ハッとしたりする。

「烏(からす)に単(ひとえ)は似合わない」はそんな小説だった。
うっひゃーって思うほどの意外性がある。

続きを読む 人の世は意外性だらけだよね。「烏に単は似合わない(by阿部智里)」

視点の転換が面白い!好奇心と一途さと「夜は短し歩けよ乙女(by森見登美彦)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本の感想・書評タグ 視点の転換が面白い!好奇心と一途さと「夜は短し歩けよ乙女(by森見登美彦)」 にコメントを残す

読者諸賢、ごきげんよう。
って、登場しましたるはワラクリのwishigrowです。

「有頂天家族」を読み、自分の生活には小説が必要だと感じましたので、引き続き森見登美彦作品を読むことにしました。
「夜は短し歩けよ乙女」です。
10年も前のベストセラーなので今更感がありますが、めっちゃ面白かったです。

続きを読む 視点の転換が面白い!好奇心と一途さと「夜は短し歩けよ乙女(by森見登美彦)」

強烈に小学生の頃を思い出す「わたしを離さないで(byカズオ・イシグロ)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本の感想・書評強烈に小学生の頃を思い出す「わたしを離さないで(byカズオ・イシグロ)」 にコメントを残す

こんにちは、wishigrowです。

作者の名前のせいで気になっていた小説がある。
「カズオ・イシグロ」の「わたしを離さないで」だ。

『この人、親戚なんじゃねぇの?』って思ったりしていたのです。

続きを読む 強烈に小学生の頃を思い出す「わたしを離さないで(byカズオ・イシグロ)」