こんにちは、伏見活性化のヒントは結界にあるんじゃないかと思っているwishigrowです。

2015年6月7日、京セラ美術館に”輝ける伏見 鳥羽離宮と平安の栄華”の展示を見に行ってきました。

京セラ美術館展示

興味のあるポイント

伏見が日本の中心だった時代が2回あるんですよね。
良く知られているのは、安土桃山時代、豊臣秀吉が伏見城にいたころ~徳川家康が江戸城に移るまで。

もう一つが今回の鳥羽離宮が華やかだったころですよね。
平安時代後期、白河院政~鳥羽院政の時代。

城南宮のあるあたりがこの鳥羽離宮の中心地だったわけですが、以前からこの地を中心に結界が張られているとwishigrowは踏んでいるのです。

展示内容

鳥羽離宮のジオラマ
埋蔵物
薬師如来座像と大日如来
植物染めで再現した衣装

というわけで、結界のヒントになる展示物はなかったのでした。
(展示は撮影禁止だったので、安楽寿院にあったイメージ図)

鳥羽離宮イメージ図

近衛天皇安楽寿院南陵

ついでに行ってきました。

近衛天皇安楽寿院南陵

このへんです。

まとめ

特に新しい発見はありませんでした。
院政を敷いた白河法皇や鳥羽法皇はすげーなーって思ったくらい。

老朽化している現在の京都市役所を使うのはもうやめで、この付近にドーンと新しい市役所ビルを建てたら、京都市はもっと活性化するはずですよ。結界的には。

関連記事
京都南部の結界を発見した
行者ヶ森の魔力と、岩屋神社の磐座

投稿者: wishigrow

ウィッシグゥローと発音してください。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。

ディスカッションに参加

1件のコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です