ダンスしたい

サルサダンスが上手くなったら、恋愛も上手くなるかなぁ・・・

投稿日: カテゴリー 京都で交流ダンス

こんにちは、wishigrowです。

最近、ダンスで頭がいっぱいです。
今日もサルサダンスのレッスンにでも行きたいところなのですが、別のミッションを優先してるから、空想するのみです。

僕の空想はこうです。
ダンスが上手くなったら、恋愛もきっと上手くいく!

恋愛とペアダンスの共通点

恋愛とペアダンスにはたくさんの共通点がある。
当然と言えば当然で、どっちもペアをつくって楽しむ行為やもんね。

一つずつ見ていくと下記のようになる。

  • パートナーが必要
  • 誘わないと始まらない
  • ルールを守らないと、息が合わない
  • 気遣いが必要
  • つながっている感覚が大事
  • 一緒にのれると気持ちいい

パートナーが必要

ペアダンスを踊るには相手が必要です。
恋愛するにも相手が必要です。

この相手というのは、自分の発言や行動に対して、ちゃんと心と頭を使って返してくれる存在ですよね。
だから、2次元とか2.5次元ではダメなのですよ。
AIにも務まりません。

誘わないと始まらない

踊る相手を誘わないとダンスを始められない。
恋愛もデートに誘わないと始まらない。

これは、男性視点ですけどね。
女性の方は誘いやすいようにしておいてください。
できるだけ近くに来ていただいて、それとなく目を合わせていただけると誘いやすいです。

ルールを守らないと、息が合わない

ダンスはステップというルールがあります。
ステップが合わないと息が合わなくて、楽しくないのです。
一体感が得られない。

恋愛でもルールが必要です。
恋愛のルールは一般常識とか法律とかの話ではなくて、お互いで決めるルールです。
どちらかが「嫌だ」と思うことは「やらない」というルールにしておく。
嫌だと思っているのに好きだから我慢するっていうのは地獄行きです。

ゲームでもスポーツでもそう、人が一緒に楽しむためにはルールが必要なのです。

気遣いが必要

ステップさえ合っていればダンスが成立するかというとそうではない。
ステップを基礎として、動作を入れていく。
そこで大事なのが気遣いですね。
『こうしたら楽しく踊ってもらえるだろうか』って常に相手のことを考える気持ちが大事です。
男性がリードする時は相手を考えて先読みすることが大事なんですよね。

恋愛もルールを基礎として、気遣いが必要というのは無論のこと。

ちなみに、wishigrowって、気遣い、苦手かも。
『やる必要があるからやる。』みたいなとこがあるからなぁ~。

つながっている感覚が大事

ダンスで触れ合っている部分は手がメインですよね。
その手で、相手に何らかの動作を伝えないといけないので、つながっているのが大事です。
サルサにおいては「テンション」と表現されるようです。

恋愛における「つながっている感覚」とはどういうことなのでしょうか?
『相手がこう思ってるだろうから、自分はこうしよう。』という感覚は、何で察知すれば良いのでしょうね。
急に相手のことが分からなくなるのは、なぜなのだろうか?

つながっている感覚がなくなった時に、もう一度つなぎなおすためにはどうしたらいいのだろうか。

分かりません。
だから別れがくるのです。
トホホ

一緒にのれると気持ちいい

ダンスも恋愛も上手くいけばとても気持ちがいいです。
他のことでは味わえない気持ちよさだ。

難しいけど、上手くいけば気持ちがいい。

だから頑張ろう。

まとめ

というわけで、ダンスはいい恋愛のトレーニングになりそうです。

パートナーとつながっている感覚。
そして強引にせず自分の意図を伝え、一緒に動く。

ペアダンスの練習をして上記を手に入れようと思います。
頑張るぞー。

ぼ、ぼ、ぼ、募集中!

参加者募集中

2018年9月23日(日)14:00~おはぎと人狼の会詳細click

2018年9月24日(月)14:00~フォークプリンとフォークダンスの会詳細click

投稿者:

wishigrow

ウィッシグゥローと発音して下さい。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。 基本フォロー返ししています。宣伝アカウント以外はね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です