ボトムブラケット取付

半年も先送りしたのはなぜだ?思い出の自転車に再び

投稿日: カテゴリー 作り方タグ

やろうと決意したことが、いつまでも先送りになる。

そういう状況の時って、みんなどうしてるのかなぁ?

『今週やらなきゃな』
『今週は忙しいので無理だな』
『今週こそやろう』
って、何週も何週もほったらかしにして、半年も過ぎてしまった。
そんな自転車の話。

思い出の自転車に乗りたい

15年も前に乗っていた自転車があって、それがボロボロの状態で家に置きっぱなしになっている。
思い出のせいで捨てられない。
なんとか再び乗れるようにしよう。
って動き出そうとしたのが2016年の年末。
思い出の旅行用自転車をやっと解体できた

しかし、それから怠惰な1週間を何度も繰り返し、半年も放置されてしまった。

塗装はしたのだ

いや、解体した後、塗装はしたのだ。
2017年が明け、1月4日に作業をしている。

自転車の錆おとし

シルバーよりのカラーだったフレームを黒くしている。

自転車フレームの塗装

塗料が適切なものなのか分からない。
スプレーではなく刷毛で塗っていて、ムラっけがある。
でも、とにかくやったし楽しかった。

それから

そしてそのまま放置したのだ。
今は7月だ、半年も経っている。

ダンスしたり、定食つくったり、人狼会やったり、焼き鳥台作ったり、愛宕山登ったりetc
充実の半年間だったが、自転車の作業は進まなかった。

なぜ先送りにするのだろうか。
他人と約束したことは必ず守ろうとするので、「ブログで〇〇しまーす、参加してねー」って書いたことはやり遂げられる。
しかし、誰とも関わらない個人的なミッションは後回しになってしまう。

原付バイクがあるせいで自転車の必要性が低いというのも理由かもしれません。

ちょっと行動

そしてやっと動きました。
原付バイクの方がそろそろ調子悪くなってきて、いつまでも乗っていられないって。
バイクのメンテナンスにお金を使うなら、乗りたい自転車にお金を使おうって。
そういう気持ちが強くはたらいた。

ボトムブラケット取付

ペダルの動力を回転させる中心軸になるのがボトムブラケット。
新しいのを買って付けました。

ボトムブラケット

最初はネジが入っていかなくて結構焦った。
「ネジの溝がダメで再起不能なのかー!」って。

ボトムブラケット取付

溝を掃除したのが良かったのか、ネジの回転方向が違っていたのか、上手くいった。

右側は半時計周りに回すと締まる。左側は時計回り。
だったはず。

クランクの取付

ペダルの元にある部分がクランクですね。
これも新しいのを買いました。
クランクセットって言って、ギアもついているんですよね。

シマノクランクセット

こちらははめて、ネジで留めるだけでした。

専門知識が必要

作業自体に難しい点はない。
難しいのは買うパーツの選択です。
知識が必要とされている。

フレームによって合うパーツが違う。
クランク、ギア比によってもサイズが変わってきたりする。
「どれを買ったらいいの?」って。

買った後でも不安がいっぱい。
「これで良かったのか?」って。

こういうハードルの高さが、先送りの原因かもしれません。

続く

自転車進捗状況

乗れるまでには、タイヤ、ブレーキ周り、ギアチェンジ周りなどなどクリアーすべきものが沢山だ。
何かのトラブルがあって断念する可能性もある。

とにかく、次からの作業は先送りしないように、自分にプレッシャーをかけていこう。
続きは半年後にならないようにしたい。

ぼ、ぼ、ぼ、募集中!

参加者募集中

2018年8月26日(日)14:00~マンゴーラッシーババロアと人狼の会詳細click

2018年秋 コントラダンスの会

投稿者:

wishigrow

ウィッシグゥローと発音して下さい。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。 基本フォロー返ししています。宣伝アカウント以外はね。

「半年も先送りしたのはなぜだ?思い出の自転車に再び」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です