玉依姫

女子高生の気持ち分からん「玉依姫(by阿部智里)」

投稿日: カテゴリー 読んだ本の感想・書評タグ

八咫烏シリーズを5作目まで読み進めた。

しかし、今回のは面白くなかった。
ファン心理も吹っ飛んだ。

現代が舞台

このシリーズはこれまで架空の場所“山内”が舞台でしたが、今回は違います。
急に現代が舞台になりました。
その展開は面白く、とても期待しました。

女子高生が主人公になっていて、異世界転生もののライトノベルっぽい展開。
それは良かったのですが。

謎の人物が急に登場しすぎ

序盤から謎の人物がわんさか出てくる。
読み進めるうちに正体が明らかになればいいのだが、最後まで秘められてて、『誰やねん』って突っ込みたくなる。

少年も、夢の中の女性も、天狗も、『誰やねん!』

主人公の気持ちがよく分からん

主人公たる女子高生の志帆が生贄に捧げられる恐怖の展開なのですが、志帆の心変わりが激しくてついて行けない。
『え?何がきっかけでそうなったん?』という気持ちのまま話が進む。

若宮のイメージダウン

これまでのシリーズでは若宮が超強くてクールな絶対王者だったのです。
織田信長のような、暴れん坊将軍のような。
それが今回、自分より格上の存在が現れて、あたふたしてるんですよねー。
そういう姿は見たくなかった。
ガッカリ。

母性がテーマ?

色々と腑に落ちませんでした。
戦いか?謎解きか?と思ってたら急に展開が変わるし。

この小説は母性がテーマだったのかもしれません。
だからどこにも感情移入ができなかったのかも。

世界は広がった

現代社会と山内のつながりが描かれているので、物語の世界は広がったのかもしれません。
ふと上賀茂神社や日吉大社に行った時に、『山内につながってるかも~』って思えるかも。

5巻は6巻への伏線だったと解釈しておきます。

まとめ

4作目ですごくファンになってると書いたのですが、ファン心理が急に吹っ飛んだ。

しかし、とにかく次の6作目で一旦区切りらしいので、続きを読んでみます。

ぼ、ぼ、ぼ、募集中!

参加者募集中

2018年7月18日(水)19:30~石黒わらじろうの盆踊りスクール詳細click

2018年7月22日(日)14:00~コーヒーゼリーと人狼の会詳細click

2018年秋 コントラダンスの会

投稿者:

wishigrow

ウィッシグゥローと発音して下さい。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。 基本フォロー返ししています。宣伝アカウント以外はね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です