こんにちは、wishigrowがワラクリよりお送りしますのは、愛車の改良。

速さを求めて、カブのギア比を変えたのです。
バイクをいじるのはちょっと不安。

もっと速く!

昨年の秋からスーパーカブ110に乗っています。
カブリエラという名前も付けた。
走るのが楽しくて京都から滋賀へキャンプに出かけるのですが、速度に不満が出てきた。

西大津バイパスという原付二種なら通行できる道路があって、これは時速70㎞で走って良い。周りの車はビュンビュン走ってて、それに合わせるとカブのエンジンがウィンウィンしんどそうな音を鳴らすのです。
私も走るのがしんどいし、燃費も悪そう。

スプロケットってのを交換すると速くなるらしい。

スプロケット

スプロケットは二つあって、エンジンの近くにあるフロントスプロケットと後輪についてるリアスプロケット

ノーマルなカブはフロントスプロケットが14丁、リアスプロケット34丁らしいです。
これはパワー重視の低速走行を重視したギア比だそうで、重い荷物を運んだり、ストップ&ゴーを繰り返したり、坂道を上るのに向いている。

じゃあ高速巡航型にするにはどうしたら良いかというと、フロントスプロケットは歯数を増やす、リアスプロケットは歯数を減らす。そうすると速さ重視になります。

今回はフロントスプロケットを14丁から15丁に変更します。

ちなみにこの丁は歯数のことで、Tとも書かれていますが同じ意味。

購入

まずスプロケットを買わないとどうしようもない。
アマゾンで買うならこれですね。

スーパーカブ110 JA10 に合うスプロケット15丁

スプロケットとソケットレンチ

ちなみにソケットレンチはもっと長いやつの方が作業がしやすいです。主に8mmを使います。

作業

作業工程を詳しく書こうとは思っていたのですが、途中で雨が降ってきたので焦って写真を撮れなかった。

というか、こういう記事を書くのは苦手だ。

カブのスプロケットカバー

チェーンを緩める。
カバーを外す。
スプロケットを交換。
戻す。
以上。

カブのスプロケット交換

もともとついてたスプロケットより薄くなって、なんかグラグラする感じで不安になったが、そういうもののようだ。

テスト

カバーを開けたままエンジンをかけて1速に入れてみたけど、ちゃんと動いた。
その後乗ってみたら動いたし、変な音もしていないのでたぶん大丈夫。

速くなったかどうかは分かりませんけど、1速の時の飛び出す感じがなくなっていいかもです。

それよりチェーンの清掃をして、グリスアップしたいという気になっている。

愛着

愛車ってのは時間をかけた分だけ愛着が湧くものですね。
バイク屋さんに頼るのもいいけど、オイル交換やチェーン周りのメンテナンスはこまめにやった方が良いようだ。
気持ちよく走れる。

あぁ、早く西大津バイパスをとばしてみたい。効果あるかなぁ。

投稿者: wishigrow

ウィッシグゥローと発音してください。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です