この記事は統合して再編集しました。分かりやすい方がいい。

こんにちは、グロワラクリよりお送りしますのは、2019年10月27日(日)~28日(月)の話。

ドアづくりの記事を一つにまとめました。

小屋暮らし

私は自分で作った小屋で100日間暮らそうと目論んでいます。

まだドアがなく小屋の中にいてもアウトドア。
でしたが、ドアを作りました。

ドア作り

10/27(日)、朝は一回起きて、ご飯食べてから二度寝した。これが昼まで寝た。良い気候やし休日やしこれでよい。

起きてからは真面目に小屋作りをしました。ドアを作る。

合板をカット

まずは合板を入り口のサイズにカット。

ピッタリ。

しかし、ピッタリに作ったのは間違いだったかもしれない。

枠を作る

材をカットしてビスで打つ。

材の太さを間違えて買ったから慎重な作業になってしまった。

でも器用にできた。

断熱材の代わり

子どもが遊ぶプレイマットって言うんですかね。これが家にあって捨てようとしたのですが、断熱材として使えるんじゃないかと思って置いといた。

やってみたんですけど、めちゃめちゃめんどくさかったです。

まずパズルから始まって、いいサイズにカットしないといけないし、すごく時間がかかった。

まぁ、ゴミになるよりは使えて良かった。

杉板を張る

杉板を釘で打つ。半分ほどやった。急いでたので写真はない

これで暗くなり作業終了。

薪の直火鍋

買い出しに行って鍋をしました。薪を使った直火鍋です。

薪だと味が変わるんかなぁ?なんか旨いんだよなぁ。鶏肉も白菜もホクホクに炊けるんだよなぁ。

今回は締めのうどんまでいけました。満足!

しかし、焚き火を見るとみんなでワイワイしたくなるよなぁ。

焚き火鍋会がしたい。

ドア作りの続き

10/28(月)、朝からドア作りの続き。

断熱材を入れる

本物の断熱材。床に張ったやつの残り。いままでは入り口に置いといて風よけにしていた。

カッターで切れますので、ギリギリに切って押し込みます。

さらに杉板を張る。写真は撮ってない。

デザイン的に杉板を縦と横に張ることにしたのですが、さほどカッコ良くはならなかった。無意味。

蝶番

蝶番をつけます。

ちょうつがい、と読みますけど、プロはちょうばんって言ったりするようです。

入り口につける

これを入り口に付けるのですが、一人でやるには体力とともに頭を使わないといけない。

頑張ったとしか言えないけど、入り口と同じ高さの台を置いて、その上にドアを置いて、材を噛ませて微調整するって手順です。

中から見るとこんな感じ。

閉まらない!

『作っても閉まらないんじゃないか?』って心配していたのです。

でも、心配には及びません。思った通りだったから。

1㎜か2㎜くらいの差で閉まらない!

まぁ、削ったら何とかなりそうなので『チクショー!』とかは思っていないです。
押し込んだら閉まるし。

蝶番の側を削った方がきれいに仕上がりそうなので、もう一度やり直そうと考えています。今はこのままでいい。

ちゃんと閉まらないドアの完成です!

ここまでやって仕事に出かけます。

風呂がないからプール

この日は仕事終わりにプールに行った。

風呂がないのでシャワーを浴びるつもりで行くのです。伏見港公園に行くのですが、いい時間に行くと300円で済む。シャワー代のついでに泳げると考えると安い。

「風呂がないならプールに行けばいいのよ。」って確か、マリーアントワネットが言っていた。

当初はスポーツジムを風呂代わりに使おうと思っていたのですが、1か所で契約するとそこにしか行く気がなくなるからなぁ。自由に銭湯とか行きたいんだよなぁ。

ちなみに、プールから帰ると母に「午後にプールに行けるなんて優雅な生活やな。」って言われたので「風呂なしの生活のどこが優雅やねん!」って全力で反論しといた。

ドアがある夜

今まではドアがなく、外気が吹き込むし、虫も入り放題だったのですが、やっとドアがある場所で寝れました。アウトドアからインドアになれた。

ドアがあるって、暖かい。
狭い小屋は古風な平屋とかよりは暖かいのかもしれません。

冬が来ても大丈夫かも!
まだちゃんと閉まらないんですけどね。

To Be Continued…

投稿者: wishigrow

ウィッシグゥローと発音してください。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です