丁寧に作られた料理を毎日食べたい。

こんにちは、グロワラクリよりお送りしますのは、2019年11月11日(月)~12日(火)の話。

鍋の汁を残さず食べたい。

小屋暮らし

私は自分で作った小屋で100日間暮らそうと目論んでいます。

今は84日目だからあと16日ですね。

どんどん装備も増やしているし慣れてもくるので、苦行している感じはない。だから延長戦に突入すると思います。

今は冬場の小屋暮らしを体験してみたいと思っている。

冷たい雨

11/11(月)、出勤途中に雨に打たれた。バイク移動なのでこれは危険。

夏の夕立みたいな大粒の雨。レインコートをウインドブレーカー代わりに使っているし、レッグカバーを装備したところだし被害は免れているが、雫がズボンからパンツにまでしみて痛いくらいに冷たかった。

季節感のない雨だったよな、まだ蚊もいるし変な気候だ。

大根1本

夕食は鍋にしようと決めた。スーパーに行ったけどいいサイズの白菜が無かったから、太い大根を1本買ってしまった。小屋暮らしで冷蔵庫も無いのに。

さてはて、使い切れるかな?

鍋汁記念日

11/12(火)朝、起きて布団を畳んだ拍子にローテーブルの上に置いてあった鍋をひっくり返した。鍋汁を床にぶちまた。

ダニーハウスの床は杉の野地板を張っただけで、何もコーティングしてないのですよ。汚れは汚れのままになってしまうし、汁なんか吸っちゃうし。

鍋の汁 床にこぼしてもうたから 11/12 鍋汁記念日

失っても嘆くことはない

仕事終わりでプールに行きました。風呂がないからプールに行くのです。そうすると泳ぐのが上手くなります。

小屋暮らしで風呂を失ったからこそだ。

何かを失っても嘆くことはない、面白い何かが手に入るかもしれない。

秋の味覚

私は小屋暮らしをしつつ、実家に出勤している。実家は食料品店なので食料が豊富です。食べるものが異常に豊かです。

昼には松茸ご飯を食べながらサンマの塩焼きを食べて、夕方にはこっぺ(せこ蟹)を食べた。つまみに何かの白子を食べてる。

恵みに感謝。命を感じて一生懸命にカニ身をほじくり出すのです。

私の夢

私は豊かな食生活を放棄したくなくて、丁寧に作られたご飯を毎日食べたいのです。

だから、ゆくゆくは定食屋を開業したいんですよ。自分のために丁寧に作ったご飯をおすそ分けする感じのお店。

20代の独身OLが来店して、「オッチャン、クリームコロッケ定食ひとつ。」って注文して欲しいなぁ。「今日も疲れたなー、上司がウザいんだよ。」って愚痴が聞きたい。「実は結婚することになったんだ。」みたいな話は是非聞きたい。

我が人生のゴールはそこだなぁ。

いい物件ないかなぁ?

資材購入

車が使える日なので、帰りに資材を購入した。ロフトを作ろうと思ってね。

2×4材を6本と、他も少々。

ロフトを作って、そこで寝れるようにできれば暖房の効率が良いと思う。暖かい空気は上にあがるからね。

寒さは小屋で迎え撃とうと思う。死なないように準備しよう。

To Be Continued…

投稿者: wishigrow

ウィッシグゥローと発音してください。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です