こんにちは、グロワラクリよりお送りしますのは、人生の迷走について。

小屋暮らし、していない

私は自分が作った小屋で暮らしていたのですが、小屋で寝泊まりする頻度が低下しています。

もはや小屋暮らしとは言えない。

2019年の5月頃から小屋を建て始め、9月から小屋で暮らし始め、100日を越え、冬を乗り越えた。しっかりと小屋暮らしをしていた。

しかし、スーパーカブでの1日80㎞の移動が辛くなったこともあり、恋人ができたこともあり、小屋に帰る頻度が少なくなった。

1週間のうち3日くらいのペースになった。

これで小屋暮らしと言えるのか?

言えない。

家はない

家のない状態は続いていて、小屋がメインの拠点であることには違いない。生活するための資材が置いてある。

恋人の家に転がり込んで同棲をスタートさせることも可能だが、全然やりたいことではないし、仕事場の近くに部屋を借りようとも思っていない。

そんな普通の暮らしをしたいなら、最初から小屋なんか作りません。

せっかく家がなくても生きていけるスキルを身につけたのだから、まだこのまま生きていきたい。

つまりはホームレスなのだろうな。

仕事をしているし、恋人もいるし、母とも疎遠ではないが、家がないのだからホームレスに違いない。

小屋は秘密基地

小屋はある。自分が作った小屋が。

小屋

これは家ではない。こんなものが家であって良いはずがない。

庵(いおり)とは言えるかもしれないが、私にとってはまさに秘密基地なのだ。

この定義以上にピッタリくるものはない。

遊びに行く場所であって帰る場所ではない、
遊び疲れた時にそのまま寝れる場所があればいい、
火遊びはたくさんしたい、
木々を組み立てて砦をつくりたい、
木々を切り倒して更地にしたら全然面白くない、

家はないけど秘密基地を持っていて、それを手放したくないのです。まだまだ遊びたいのです。

秘密基地ホームレス

小屋暮らしの頻度が下がって、自分が何者か分からなくなっていたのです。

しかし、分かりました。

秘密基地ホームレスです。

今の私の肩書はこれですね。

さあこれから、秘密基地ホームレスにしかできないことを考えていこう。

To Be Continued…

投稿者: wishigrow

ウィッシグゥローと発音してください。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です