こんにちは、グロワラクリよりお送りしますのは、小屋暮らしの話です。

小屋暮らし

あなたには家があると思いますが、私には家がない。自分で作った小屋しかない。

しかもその小屋、最近は夜でも暑くて寝苦しい。

だからちょっと穴を掘ってテントを張ってみた。
>>小屋で寝るのが暑すぎて、テントで寝ようと思ったが

上記の記事では掘っただけだが、実際に寝てみたのです。さて、どうなったでしょう?

墓穴テント

墓穴

小屋で寝るよりもテントの方が涼しい。地面が体の熱を吸ってくれるようだ。ハンディ式の扇風機も利用しつつですけど。

しかし、そういう寝心地うんぬんかんぬんよりも、お墓で眠っている気分になった。

1人用のテントのサイズは、まさに棺桶が入るサイズだ。私が掘った穴はまさしく墓穴なのです。

自らの墓穴を掘って、そこで寝るのです。

ある意味の臨死体験。

臨死体験

死を感じるのは大事だと思っている。『死ぬ前にやりたいことをやっておこう。』って思えるから。

ですからこの墓穴テントで寝るも悪くはない。気持ち悪さや不吉さを感じなくもないのだが、寝たら同じだ。

朝起きてテントから出る。この復活の雰囲気が良いです。

墓穴をレベルアップさせて、ピラミッドを作ってやろうという気になっている。

掘り進める

これまでは整地したレベルだったが、さらに掘り進めてやった。竪穴式住居のように1mくらいは掘ってやろうと思うのだが、そこまではいかない。

30㎝程度だろうか。

頑張ってテントがフィットするまで掘った。

休日の朝から穴を掘るなんて、穴を掘るのが趣味だとしか思えない。そう思い込まないとやってられない。

水没

この日は雨が降りそうな雰囲気だったので、日中にテントは撤去しておいた。

これは判断が良かった。夜にめちゃめちゃ豪雨がきたから。もしも私がもっとバカならテントの中で過ごして、溺れていたかもしれない。

強すぎる雨の恐怖を感じつつ小屋でしのいで、雨脚がゆるんだときに様子を見ると、私の墓穴は水たまりになっていた。

切ない気持ちになった。

私は何をしているのだろうか?

これからどうなるのだろうか?

To Be Continued…

投稿者: wishigrow

ウィッシグゥローと発音してください。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です