私は小説を頑張って書いていたけれど、なかなか難しい。
みんなも知っての通り狭き門だ。
もう、挫折しそうだ。
しかし、がんばった分だけ成長した。ストーリーテリングの能力は応用が効く。

あなたの欲しいものは何ですか?

と、尋ねられたのならば、その一つはこうだ。

「自分で書いた本が欲しい」

この本は実用書ではなく物語であり、自分で印刷したり自費出版ではなく、出版社から発行されて、書店に並ぶもののこと。
そんな願望を抱いており、まだ消えてはいない。

だけどこれは難しいですね。
難しい理由は3つ。

1.活字離れ
多くの人が文字を読まなくなった。
動画・漫画・ゲームに活字は追いやられている。
書籍の市場規模は20年で半分になったそうです。
斜陽産業に今さら参入するのか? と疑問が湧く。

2.それでも書きたい人は多い
よっぽど文章が苦手な人でなければ、小説を書こうと思えば書ける、と思っている人は多い、私と同じように。
映画監督、音楽家、漫画家などの芸術ジャンルにおいて、小説家の参加ハードルは低い。PC1台で参入できますからね。
しかも、年齢制限もないし、競合の多いレッドオーシャンです。

3.グローバルに対応できない
小説を書くとなると、日本語で書くわけですが、それをそのまま海外展開はできません。例えば音楽はそのままでも展開できるし、漫画もセリフだけ翻訳すれば良い。だが小説は言語が変わった時点で、自分の手元から離れてしまう。
これから日本人が減っていくのに、日本でしか通じない芸術は残っていけるのだろうか?

以上の3つにより、能力の有無に関わらず、厳しい環境なわけです。

とは言え、この間1年4ヶ月ほどずっと頑張って、書いたり勉強したりを繰り返していました。
すると、自分の上手さ・魅力が発揮されるパターンがあると分かったし、小説の書き方についての理解は深まった。

で、この物語を生み出す能力、物語る能力、ストーリーテリングは小説を書く以外でも使えるなぁ、と分かってきた。
モノを売るとき、広告を打つ時、政治家が立候補する時、好きな人に自己アピールをする時、踊る時などなど、物語がある方が劇的に伝わるんだろうなって実感。

実際に以前からそういう手法はあって、
ディズニーランドのアトラクションはショーストーリーがあるし、
インベーダーゲームでも侵略者を撃退するストーリーだし、
商品を売るストーリーはコンセプトと呼ばれていたりするし、
さっき見た報道番組のバラエティ枠でもストーリーの技法だった。
あと、YOASOBIは小説を歌にしてヒットしているし、ヨルシカも小説を題材にしているところがある。

おそらく、現代社会って、ストーリーが切望されているのではないか?
ただの情報にはみんなうんざりしていると思うのですよ。
ただの綺麗な写真にも、ただの美女にも飽きてきたのではないでしょうか? ストーリーのある写真、ストーリーを持つ美女じゃないと、勝てなくなっているのでは?

とまぁ、こんな感じで、小説を書く能力は別の場所でも使えるはずだと思っているところ。
だから、大丈夫だぞ、俺よ。
筋トレするように、物語を考えて書いておけば、きっとスキルは上がっている。会話も面白くなるはずだし、商品の売り方も上手くなるはずだし、Webサイト構築にも使えるかも。
たぶんね。

と、
ぜんぜん小説家になれなかった時の予防線を張る弱気な私でした。
悲しみに耐える準備です。
えへへ。

もうすぐ春ですね。
書を捨て町へ出よう、と思いますー。

投稿者: wishigrow

ウィッシグゥローと発音してください。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。