ハッシュと称されるサークルに参加している。
このブログにも何度か書いているが、ゲーム的なジョギングの後に美味しくビールを飲む会で、正式名称はHash House Harriersという。

この遊びの魅力は尽きないのだが、説明するのは今さら感があるので、いちいち説明しないでおく。
・ビールが好き
・アウトドア遊びが好き
・ゆるく走りたい
この3つに当てはまる人が参加してるように思う。

かくいう拙者もHashを語れるほどの真髄は味わってはおらず、日本の全国大会や世界大会なども実施されているらしいが、一度も参加したことがなく、京都から出ていかないハッシャーである。
ドラクエ3で例えると、アリアハンの大陸から旅立っていない。
2011年からずっとアリアハンで、かれこれ12年になるわけか……。

最初に参加した当時は、街を舞台に遊ぶことがたまらなく面白かった。シンプルな道具で、ものすごい楽しさを生み出すことに感動したし、知名度の低い遊びを楽しんでいる自分も好きだった。

それから徐々にシリアス(真剣な)ランナーに成長してしまい、マラソン大会に参加しだし、ハッシュじゃ負荷が足らなくなって、参加する意義が少し薄れた。

さらにそこから最近になって、やはりハッシュは良いと思うようになった。自動的に飲み会の予定が入るのが楽だ。
走ったゴール地点にビールが用意されており、同じく走った仲間と杯を酌み交わせることに価値を感じている。

まぁ、自分が楽しむかわりに、コースづくりの当番が回ってきて、そこそこ労力がかかり奉仕の精神が必要なのだが、良いコースを作ると評価が上がって、居心地がどんどん良くなる。
拙者もようやく使えるヤツという評価を得られてきたところ。

まさに昨日がそのハッシュで、楽しく走って、楽しく飲んで、楽しく喋った。
そして、かなり飲みすぎた。終電ちかくまで粘るのは久々だった。
コロナ以降は飲み会が滅んでいるから、ハッシュでの飲み会はありがたい。
外人さんとも、女性ともたくさん喋って、女の子を抱っこしたりして、おっぱいが大きい方がいいかニップがいいかって中身のない話をして、居眠りしだす人は寝て、ろれつが回らない代わりにニコニコしだして、なんかもうパーティーだった。

そんな素敵なサークルが皆さんのお陰で維持されていて、大変ありがたいことで、幸せなことです。
人間同士のことなので、色々とトラブルも起こり得るのですが、そこは大人力でなんとかしたい。

この夏、拙者はとある目論見を描いていて、それはハッシュのゴール地点が盆踊り会場というすごい企画。
走って、ビール飲んで、踊る!
ヤバすぎ!

上手く予定が合えば良いなぁ。
乞うご期待!

女の子を抱っこしてる図

投稿者: 石黒わらじろう

京都の古い民家で暮らしています。 趣味は盆踊りとランニングとブログ。 別名義で書いた小説は映画の原作として採用されましたよ。 自分で建てた小屋にて暮らしていたこともあるサバイバーです。 地球も自分も健康な生活がしたいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です