「良いニュースと悪いニュースがある。どっちを先に聞きたい?」
というセリフが、洋画であったりする。
ハリウッド映画に多い記憶なのだが、これはアメリカの日常会話に出てくるような言い回しなのか? あるいは映画だけの常套句なのか?
そんなことを気にして生きてこなかったのだが、今だけちょっと気になる。
なぜなら、拙者にも嬉しいことと悲しいことがあるからだ。

映画の場合は、後に言う方をより重大なニュースに仕立てるためにやっているはずだ、例えば解雇のシーンとかで、悪いニュースは会社が大損害を被った、良いニュースは君は解雇だから気にしなくていい、みたいな感じ。
主人公は、どっちも悪いニュースやないか! という表情を浮かべて、悲しい音楽が流れて、悲嘆に暮れて、恋人から連絡が来たかと思うと別れ話をされる。
だいたいそんなイメージ。

しかし、拙者のライフは映画じゃないので、嬉しいことと悲しいことが独立してるし、別にドラマティックでもない。
ここまで引っ張ってゴメンとさえ思うくらいだが、一応聞いてみよう。

嬉しいことと悲しいこと、どっちを聞きたい?

拙者はそこそこ、Webプログラミングができるので、ボタンを押せばポップアップで答えが出てくるようなギミックを仕掛けることもできるが、さほど優秀じゃないし、日常的にやってないし、たぶん1時間くらいかかりそうなのでやめておく。

そのかわり、ちょっとテンションを上げて言います。

嬉しいことー!
それは、我が愛車のスーパカブ110(JA10)のエンジンの異音が解消したこと。
上手く修理できたようで、乗車して仕事に行けた。
車体が軽くて取り回しがし易いし、軽さの割には速いし、やっぱり大好きだと改めて感じた。
もっと愛そうと思う。

悲しいことー!
それは、腰が痛いということ。
今日は調理の仕事をしたのだが、意外にも腰にくる。立って包丁を握るというのは、腰回りの筋肉を使っているようだ。いや、同じ姿勢を小さな筋力で保つのが中殿筋にはキツイみたい。
仕事をしながらイテテと100回くらい言ったし、こういう日に限って味がバシッと決まらず、余計な仕事を増やすことになる。
時間がギリギリになって焦った。腰が痛いのに。

という、全然ドラマティックじゃない拙者のライフ。

まぁでも、だいたいの人はドラマティックじゃないライフを、ドラマ見たり、金使ったり、異性にメッセージ送ったり、ギャンブルしたりして、変化させようと頑張ってる。
頑張れみんな、頑張れ!

拙者も変化させるべく、何らかの新企画を立てて、楽しませながら楽しみたいぞ。
新しい行動を起こしていくぞー。
そうして、嬉しいことと悲しいことにぶつかって、スパイシーなライフ。

こういう変化を望めるってことは、今の拙者は元気な時期だな。
4月まではこのノリでいきたい。

以上。

投稿者: 石黒わらじろう

京都の古い民家で暮らしています。 趣味は盆踊りとランニングとブログ。 別名義で書いた小説は映画の原作として採用されましたよ。 自分で建てた小屋にて暮らしていたこともあるサバイバーです。 地球も自分も健康な生活がしたいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です