こうしてブログに向き合うと、本質的に大切なことは何なのか? と考えたくなる。
それは、自分自身の価値観が大切で、その価値観を生活に落とし込んで日々生きていく。そうすると、マーケティングとかに流されにくくなるし、とにかく批判したい人の意見にいちいち動じなくなる。
それゆえ、朝早く起きてランニングして、菜園の手入れなどして、手作りの料理を食べて、家を掃除して、美しく生きる。
本質的じゃないものに時間も金もかけていられない、美しい生活を第一としたい。

のだが、遊びも楽しすぎる。
そのせいで、家が散らかっているし、熟睡できてないし、疲れる。
飲んで帰ってくるとゆっくりと湯につかれないし、2日連続でシャワーだけになって、風邪を引きそうだ。
ああ、丁寧な暮らしをせねば。

なこと言いつつ、また遊びたい。
土曜はブログにも書いた踊る花見。
日曜はHash House Harriersで、走って、ビール飲んで、東華菜館行って、沖縄居酒屋行って、一銭洋食行って、ずっとワイワイしてた。

そもそも、どんな高級な酒よりも走ってから飲むビールが美味しいし、ビールを飲む時は仲間がいると楽しいし、その仲間が公衆の面前で歌うくらいにテンションの高い人達だとめっちゃオモロイ。
そういう遊びを知ってしまうと、健康になってしまうので、陰鬱な遊びなんてやる気がなくなってしまう。
しかも、程よく常連がいて、程よくゲストがいるんだよなぁ。

桜吹雪の京都で、観光客がぎょうさんいて、そいつらの横を疾走する楽しさよ。
これが、わてらの遊びどす。

沖縄居酒屋さんもスペシャルDayで、飲めや歌えや踊れやの大騒ぎ。それは事前情報がなく予期せぬ出来事で、突如異世界に迷い込んだような、どちらかというとTVドラマの盛り上がってる酒宴に参加したような感じ、しかも店員の女の子が朝ドラヒロインみたいな清涼さで、テーブル片付けますね、とか言われるとキュンとくるし、サンシンの音色と歌声が響き、抽選でA賞当たるし、踊ると喜ばれるし、夢心地だった。

ちょっと、トラブルも起こしてしまったのが反省。
20歳の女の子とディズニーランドのトークで盛り上がりすぎて、それは顰蹙を買っていたようだ。若い子と喋るのは気をつけねばならぬと理解した。隣りに座った女性と普通の話をしていただけなのだが、鼻の下が伸びていたのかもしれん、伸びるな鼻の下よ。
座る位置を綿密に考えないのがアカンのかなー、端から埋めていこう、って座るからなー。
いや、席替えのタイミングを逸したのかな?
そうじゃないか、トラブル回避のポイントは別の部分だったな。

まぁ、とにかく、その件以外は、夢心地、ハリウッド映画のラストシーンのようなパーティー感、全部楽しかった、全部。

そして、この異世界の扉を閉めて、日常生活に戻りたいのだが、ちょっと楽しすぎて、あの沖縄居酒屋にまた行こうかな、などと計画を立てようとしているので、こら、まて、生活、生活、と自分を戒めるためのブログです。

以上。

投稿者: 石黒わらじろう

京都の古い民家で暮らしている。 趣味はランニングとブログと盆踊りを含むフォークダンス。 別名義で書いた小説は映画の原作として採用された。 自分で建てた小屋にて暮らしていたことがある強靭な狂人。 地球にも自分にも健康な生活がしたい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です