よくランチを食べに行くカフェのオーナーから、イベントに誘われた。
「タイフェスに行きませんか?」
なんだろうかと調べると、アジアのあのタイランドのフェスティバルで、政府公認で、タイ料理やシンハービールが出るフードフェスで、ムエタイなどステージショーもあるらしい。
毎年恒例で、カフェの常連グループと連れ立って乗り込むらしく、テーブルの一角を占拠しようという力の入れよう。
なんだか楽しそうだ。

だから、めったに行かない大阪に出向いたし、9:30集合という飲み会の集合時間にしては異常な早さにもめげず、京橋まで行ったのだ。

こうしてタイフェスに乗り込んだわけで、イベントレポートをしたいのだが、いうても飲んで、食って、また飲んで、ちょっとムエタイ見て、アイドルっぽい子らを見て、そして飲む、という感じ。正しい楽しみ方をした。
だから、レポートは書けない。

こういうイベントに1人とか少人数で乗り込むと自由で良いのだが、場所を確保しとくことができず、流浪するしかない。
しかし件の常連グループは13人くらいのそこそこ群衆になっており、我が物顔でテントの一角を支配した。3つの長机を支配した。ボードゲームなら間違いなく勝ちである。
誰かがビールを買いに行き、誰かがフードを買いに行き、誰かが陣地を守ってる。
こうして、ビールのカップを累々と積み上げ、アイドルにヒューヒュー言って、悠々と過ごせたのである。
かのタイ国王が「フードフェスには群衆で参加せよ」と、言ったかどうかは定かではないのだが、コミュニティの力は偉大なり、と思った。

シンハーの樽生ビールはアサヒビールより旨かった、などと書くと国際問題に発展するかもしれないので、アイドルにヒューヒュー言った後のビールが旨かった、と記載する。
ステージを観賞していると、歌と踊りを披露した後の女子たちが、舞台の下まで出て来て、ウォーウォー、ウェイウェイとステージパフォーマンスを盛り上げるのである。目の前で。
さっき舞台上にいた子らと一緒にウェイウェイ言う。これはなかなかないぞ。貴重な体験だ。

背中が近い。これは楽しい。

とは言え、アイドルの背中より、ムエタイ選手の背中に魅力を感じるのは拙者だけか?

しなやかそうな筋肉である。
ふくらはぎの隆起がすごい。

こんな風に、ステージプログラムが進行し、ビールもフードも気軽に買え、飲み交わす仲間がいて、とても楽しく過ごせた。
遅い時間になると観客を巻き込んだダンスもあるとアナウンスがあったと思うのだが、それに参加できたらもっと最高だったかもしれん。
次の機会があればそれを見てみよう。もち踊る。

というわけで、カフェオーナーと常連メンバーのおかげで、フードフェスを正しく楽しんだ。
皆さま、オープンカー!
じゃなくて、コップンカー!

以上。

投稿者: 石黒わらじろう

京都の古い民家で暮らしている。 趣味はランニングとブログと盆踊りを含むフォークダンス。 別名義で書いた小説は映画の原作として採用された。 自分で建てた小屋にて暮らしていたことがある強靭な狂人。 地球にも自分にも健康な生活がしたい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です