京都府立植物園名月鑑賞の夕べ

中秋の名月は京都府立植物園の芝生でお月見。ちょっと理想と違うなぁ。

投稿日: カテゴリー おすすめの京都

こんにちは、京都で遊ぶwishigrowです。
お月見がとても好き。

これは、2016年9月15日(木)のお話。
言わずと知れた、中秋の名月。

京都のお寺や神社では色んな鑑賞会が企画されているのですが、僕は参加しやすそうな植物園の”名月鑑賞の夕べ”に行くことにした。
ナイトピクニックっぽくなるかなぁと思って。

名月鑑賞の夕べ

今年で18回目になるとかってアナウンスがあったかなぁ?
毎年、中秋の名月に合わせて、京都府立植物園ではこの企画が実施されているようです。
園の中央にある芝生広場にステージができて、そこで音楽のLiveが行われる。

今年は、こんな感じのポスター。

名月鑑賞の夕べポスター

岡本真夜って、懐かしく響く。
1995年に「TOMORROW」がヒットしているということで20年も前の話になるんやね。

“涙の数だけ強くなれる”とは思わないのですが、優しくはなれると思う。

ファミリーが多い印象

芝生広場ということで、レジャーシートを持参しました。
客層としては、ファミリーが多い印象です。
毎年恒例の行事になっているようで、近隣の人が集まるのかなぁと思う。

というわけで、敷居が低くてゆるい感じ。

ロマンティックさはあまりない

お月見って、ロマンティックなイメージなのですが、ファミリーが集まってるのでイメージは崩された。
くまモンとか出てきたりて、ワイワイした感じ。

僕としては、LiveはBGMのような役割を果たして欲しいって思う。
主役は月であってほしいのだ。

あとは、飲食ブースはないのかなぁ?って思う。

まとめ

肩ひじ張らずにゆっくりできた。

理想を追求したかったら、セルフプロデュースのお月見会をやるべきやけど、そんなことするとゆっくりできないしね。
悩ましいところだ。

昼間の植物園にも来て、ゆっくりピクニックしたいと思った。

2016年の中秋の名月はこんな感じさ。

ぼ、ぼ、ぼ、募集中!

参加者募集中

2018年9月23日(日)14:00~おはぎと人狼の会詳細click

2018年9月24日(月)14:00~フォークプリンとフォークダンスの会詳細click

投稿者:

wishigrow

ウィッシグゥローと発音して下さい。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。 基本フォロー返ししています。宣伝アカウント以外はね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です