ブログに向き合う時間が取れぬまま年末が過ぎ、2024年がやってきた。
みなさま、あけましておめでとうございます。
1ヶ月近くブログを放置すると死亡説が流れてしまうのではないかと危惧しつつ、時間と余力がなかった。
近況も書きたい、今年の抱負も書きたい、1年間のまとめ記事も書きたい、年末のエピソードも書きたいと思えども、ブランクがあると筆の進みが遅くなる。
そう、こんな風に前置きが長くなってしまうのだ。

簡単に状況を整理すると、昨年末である12月に就職した。慣れぬ職場に自分を縛り付け型にはめているので、大変に疲れるし、余裕のない日々を過ごした。
思い返せば10年くらい雇用されずに調理やWebの仕事で糊口をしのいできたが、どうにもやりたい仕事や売りたい商品がなくなってしまって、もちろん収入もなくなってしまって、貯金もなくなってしまって、そろそろ家賃が払えなくなるな、と危機感を募らせた。最悪ウーバーイーツがあるか、と思っていたのに、配達員の資格がなくなっておりスタートできない。
どうしようかな? と考えた。
結果的には就職して今に至る。

新たな職を得て、自由を失い、ようやくほっと一息つける正月を迎えているところだが、ニワトリの小屋を作らないとな、という課題があるし、部屋も散らかっているし、暴飲暴食のせいで気だるいし、眠いし、それでもブログを書こうとする拙者はとても偉いぞ。
……相変わらず無知蒙昧なままで文章を書くので、本当に中身がない。

40数年生きてきて分かったことといえば自分の無能さで、やればできると思っていたことが結局はぜんぜんできなかったり、思っていたより3倍の時間を要したり、自分にはガッカリなのだが、自分の無能さを自覚すればするほど人から好かれやすくなるのが人の世の不思議なところ。
拙者の周りには人の喜びを自分の喜びとするような良い人々がたくさんいるので、その人達の世界に自分も存在するべく精進したいと思っている。

多くの同世代と同じように、若さがなくなり虚栄心もなくなり、丸くなってきた。若い頃は生き馬の目を抜きたいと心の中に小利口さがあったものだが、思春期に抱いていた劣等感を克服し、人と比べる愚かさにも気づき、楽しい時間も穏やかな時間も好きになり、無理にスケジュールを埋めなくなり、野菜の生育を待てるようになり、ぬか床も維持できるようになり、庭のニワトリを眺めてるだけでそこそこ満足。
興味のあることといえば、自分の健康と地球の環境くらい。
だからせめて、この2つのことは勉強し続けようと思っている。

青い空は青いのに、自由な時間を失って、以前のようにランニングができなくなって、ちょっと健康に関しては暗雲が漂っているが、環境問題について勉強できる仕事に就いたので、早寝早起き、運動、丁寧な生活を晴れやかに維持したい。
余裕、穏やかさ、泰然自若を我が幸せの指標として生きていく。

これらは去年から思っていたことで、新年っぽくないので、無理矢理に抱負を書いておくならば、コロナ禍で消え去ってしまった交流企画をまた復活させたいな、とは思っている。みんな、また遊ぼう!
そのためにも早く仕事に慣れなきゃな、というのが現実。

以上、
本年もよろしくお願いいたします。

投稿者: 石黒わらじろう

京都の古い民家で暮らしている。 趣味はランニングとブログと盆踊りを含むフォークダンス。 別名義で書いた小説は映画の原作として採用された。 自分で建てた小屋にて暮らしていたことがある強靭な狂人。 地球にも自分にも健康な生活がしたい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です