夜さんぽfrom祇園四条

美女たちと歩く満月の夜さんぽ、今年イチの美しさだな。

投稿日: カテゴリー おすすめの京都, 水曜の夜は遊ぶことに決めた

こんにちは、満月大好きwishigrowです。

2016年7月20日(水)、”夜さんぽfrom祇園四条”を実施して、7名で満月を見ながら京都の東山エリアを散策しました。

東山から上るお月さまは今年イチだったかもしれない。
ロケーションがいいと景色がきれいに見える。そしてそれを共感してくれる仲間たちがいる。
素晴らしい夜だった。

(スポンサードリンク、いったんCMです。
ここまで)

満月の夜にお散歩

夜の散歩は素敵です。
特に満月の夜は。
恋人と二人でというのが望ましいのかもしれませんが、グループでも別の楽しさがある。

水曜日の夜は遊ぶことに決めたシリーズとしては、7名の参加なのでなかなかのヒットですね。
女性が5名と男性より多く、やはり女性にとって夜の一人歩きは危険がいっぱい。
そういう部分でニーズがあったのと、祇園四条駅スタートという集まりやすい場所だったのが良かったようです。

南座前で待ち合わせ

19時に祇園四条の南座前で待ち合わせしました。

ここで登場するのは、すごく可愛い”なっちゃん”、常に帽子をかぶっている”つうじい”、自分で服を作る”さい”、いつも宿直帰り”とっつー”。
さらに、初めて顔を合わす”チヨちゃん”が着物姿で登場。
和装だが、しゃべり方は外人風だ。
通訳の仕事をしているらしい!
そして、wishigrowを合わせまして6名が集合しました。

早速、おもむろに腹ごしらえのいなり寿司を配布。

八坂神社

ちょうど祇園祭期間中の八坂神社へ。
四条通、祇園界隈も外国人観光客ばかりだ。

八坂神社

祇園祭期間中といえど、提灯が多いくらいで露店が並ぶわけでもない。

八坂神社提灯

個人的には、長く務めた職場の退職を決意した思い出がある。

円山公園

円山公園で腹ごしらえのいなり寿司を食べる。
wishigrow企画では同じものを一緒に食べるというこだわりがあるのだ。

暑くもなく寒くもなくちょうどよい。人もほとんどいない。
大きな枝垂桜は葉っぱをたくさんつけていた。
まだ月は見えない。

長楽館

チヨちゃんが「あの洋館知ってる?」って言ってきた。
「長楽館ダヨ。」って。

チヨちゃん情報によると、シブヤって人の邸宅だったとのことで、話は盛り上がった。
『チヨちゃん、外人っぽいしゃべり方なのに、よく知ってるなぁ~』って感心してた。

しかし!
今、調べたら、村井吉兵衛氏の邸宅とのことだが、どうなってんだ、チヨちゃん!

知恩院

知恩院の前を歩く。
大きな三門の前を通る。

「これは京都の三大三門の一つです。」ってwishigrowが解説するのだが、説得力がないようだ。
「ほんまかなぁ、騙されてるような気がするなぁ。」って”つうじい”が。
「まぁ、こんだけ立派なら信じようか。」って。

ちなみに、三大三門の一つであってます。

蓮の花

三条通り沿いのとある施設の前に、蓮が花をつけていた。

チヨちゃんは言います。
「蓮は仏教ではとても大事な花ダヨ。」
「蓮は泥の中から花を咲かす。人も泥の中のような人生を送っていても花を咲かせることができるって言われるヨ。」
みんな「すごーい。」って。

『ちくしょう、俺もありがたい雑学を繰り出してぇ!』って思った。

まだ満月は見えない。

見えると嬉しい

そのまま三条通りを東に進むと、夜空の一部が輝いてた。
しかし、ウェスティン都ホテルに阻まれている。

少し歩いて、見える角度に立ってみると・・・
満月が見えた!
感動だ!

東山からちょこっと顔を出す満月。
やっと出会えた感じ。
みんな、花火が打ちあがった時と同じようなリアクションだった。

南禅寺

蹴上付近に近づくと、”さい”とはお別れしました。

5名になった僕らは、「何もわかりません。」って書いてあるTシャツを着た外人と出会ったりしつつ、南禅寺に向かった。

参道は森の気配が漂っている。
金縛りなどの霊的な話題も自然に出てくる。

南禅寺の三門

南禅寺にも三門があって、そこには闇が広がっていた。
ずっと向こうには正体不明の薄明りが光っていたりもする。

再びwishigrowは「これは京都の三大三門の一つです。」と言った。
再びつうじいも「ほんまかなぁ、騙されてるような気がするなぁ。」
「1日で三大三門の二つも見れたんか。」って。

ちなみに、三大三門の一つであっています。

じゃあもう一つはどこなんだ?って気になりますよね。
それがもう一つは諸説あるんですよね。
東福寺とか、東本願寺とか、仁和寺とか。
すごいところがたくさんあるのが京都だってことでOKにしておきましょう。

水路閣

三門からさらに奥に進むと有名な水路閣があります。
さぞかし、幻想的な光景が広がってるんだろうなぁって思ったのです。

しかし、着いてみると怖いぞ。
めっちゃ不気味、幽霊が出てきそう。
一応写真でも撮っておこうかなって思ったけど、とっつーが「やめとこうよ~。」って。
やめとこうと言われるとやりたくなるタイプなのですが、そこにいないものが写りそうだったので、やめといた。
それくらい不気味だった。

休憩

今回のメインの場所までたどり着いたので、休憩。
シートを敷いて、持ってきた日本酒を飲みました。

南禅寺で休憩

そこに、知ってる人が来た。
GPSをたどってやってきた”あっじー”です。
「オマエタチハ カンシサレテイル」って楽しそうに。

“チヨちゃん”は”とっつー”のことを「とっぴー」とか「つっちー」とか、何回訂正しても間違える。
最終的には「ミキティ」って呼んでたな。

ちなみに、”チヨちゃん”と”とっつー”はノンアルコーラーなので、楽しさ半減やったかもね~。
ごめんね~。

今年イチの満月

休憩しているうちに、満月は少しづつ上ってきて、完全に顔を出してくれた。

南禅寺と満月

闇と静寂、東山と南禅寺が調和する場所で、みんなと満月を楽しめる。
「今年イチの満月かもなぁ」って話した。

帰路

“なっちゃん”とは蹴上駅でお別れして、他の5名で東大路のマルシン飯店へ。
気取らない中華料理屋。
餃子とか天津飯とかを美味しく食べた。

その後も、コーヒーとデザートが食べれたらいいなぁって歩いたが、良いお店がなくってそのまま解散。
酒よりもスイーツが欲しかったんやね。
今後の企画ではよく考えとくよ。

まとめ

夜のさんぽはとても良い。
しかも満月。
しかも京都。
とっても素敵な時間を共有できたって確信しています。

ただし、雑学を披露できるように、事前に下調べすべきだなぁって思った。
チヨちゃんへの敗北感があったもんなぁ。
結局ニセの情報を掴まされたわけやけど。

雑学を競い合う夜さんぽがあってもいいかなぁって思いました。

満月の夜に限らずまたやりたい。
次は肝試し的な感じでやろうかな?
参加したい人いますか??

ぼ、ぼ、ぼ、募集中!

参加者募集中

2017年12月13日(水)19:00~伏スイ人狼バグねん会突発企画

投稿者:

wishigrow

ウィッシグゥローと発音して下さい。
イラスト制作とWebプログラミング、イベント企画が得意なマルチクリエイターです。
妻に逃げられた男。
元議員秘書。
元ディズニーシーキャスト。

基本フォロー返ししています。宣伝アカウント以外はね。

「美女たちと歩く満月の夜さんぽ、今年イチの美しさだな。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です