ここ3年ほど小説家になりたかったし、なんらかを積み重ねればなることも可能なんじゃないかと思っていた。
しかしすでに終わっている。小説家になる前に、小説を書けなくなった。書きたいという動機が湧いてこない。
これから時が経てば、創作の物語を書きたくなる日が来るかもしれないが、職業としてそれをするには至らないだろう。
誠に残念である。これは挫折である。

夢を失ったあと、あるいは恋を失ったあとなどは空っぽになってしまうもので、拙者は特にやる気のない日々を送って、半年くらいが経ちそうだ。この間、体調不良もあったし、死ぬんじゃないかと思っていたし、一方で体を動かして遊ぼうというコンセプトは忠実に実行し、生活習慣も見直し、かなりの元気さを取り戻しつつある。
いや、自分は元気だと過信してはいけない。自分は体が弱いから頑張って鍛えるんだ、という状況が一番良い。

体を動かす仕事がいいなぁと考える。ディスプレイに向き合う仕事はやめたい。新鮮な空気の吸える仕事が理想だ。
もう10年以上前になるが、どこかのIT系の社長が「今の時代は体を使えば使うほど儲からない」と書いていて、拙者は「そうだよなぁ、頭を使って、ネットを駆使して働かねばなぁ」と肝に銘じたわけだが、実際にWebサイトを作ったり、コードを書いたりしてみた結果、さほど喜びがなかった。
Webの技術で人の役に立つこともあるのだけれど、Web上では拙者の夢は拡がらない。

しかし社会はどんどんWebに飲み込まれていくし、色んなものが自動化されていくし、稼げなくなる仕事もどんどん増えるのだろう。特に体を使う仕事はどんどん機械に奪われていくのだろう。PCに向き合ってコードを書くか、マシンオペレーターになるかして、ディスプレイからぜんぜん離れられない社会。
ディスプレイの奴隷である。
拙者はそういうのから逃げようと思っているのだ。

こうして拙者はヒヨコを眺める。庭でぴよぴよと色んなものをついばんで平和そのものだ。ニワトリやヒヨコが悠々と歩き、早朝には激しく鳴けるような環境に身を置きたい。
農業かな、林業かな。
農業なら完全に循環型の農業がいいな。養鶏しながら田畑と野菜を育てていきたい。
林業なら何ができるかな。毎日森林に入れるだけで満足できそう。
あるいは、里山のカフェとかもいいなぁ。スイーツを作ってネット販売したり、卸したり、イベント出店などすれば、生きていける気はする。
土を眺め、ヒヨコを眺め、このようなことを夢想するのである。
小説家になりたい夢想と、あんまし変わらんなぁ。

ヒヨコたちを眺めていると感心する。とにかく何でもついばんで一旦はくちばしに含んでみる。食べれそうなら食べるし、無理なら捨てる。それを何度も繰り返す。
拙者もヒヨコを見習って、四の五の考えずに、とりあえずついばんでみようと思うのだ。
農業も林業も里山カフェも全部ついばんでみればいいじゃないか。

でもそれは、今の環境でできることをやってから。
まずは勉強しておこう。有機栽培の方法や、スイーツを作るトレーニングならこの場所でもできる。
ニワトリは40羽まで増やせる。
町中でしかできない仕事やダンスもある。
とりあえずついばもう。
ピヨピヨ。

以上。

投稿者: 石黒わらじろう

京都の古い民家で暮らしている。 趣味はランニングとブログと盆踊りを含むフォークダンス。 別名義で書いた小説は映画の原作として採用された。 自分で建てた小屋にて暮らしていたことがある強靭な狂人。 地球にも自分にも健康な生活がしたい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です