こんにちは、絵は上手い方なwishigrowです。
でも、モチーフによっては得意不得意はあるよね。

我が子に絵を描いてくれと言われたので描きました。
渡した時に、「わーい!」みたいな感じじゃなかったけど、どうやったん?
喜んでくれていて、何か影響力が持続するなら積極的に描くんやけどなぁ。

熊徹の絵が取り合い

この記事のために描きました→笑ったし泣いた「バケモノの子」

熊徹

公式サイトにも取り上げられました。
ほらね。

バケモノの子公式

(嘘!ツイートしただけ。)

まぁ、このB6サイズの絵を子どもたちに渡したところ、3人で取り合いになったらしい。

で、一番下の子(5歳)が「自分のためだけに描いて欲しい」と言っていると聞きました。

まぁ、描くやん。

公式サイトをみて手書き

まだ、公開中なんですよね。
DVDも出てない。
だからお手本にできるものがまだ少ない。

公式サイトを見ながら、鉛筆で下書き。
そして、プロッキーでなぞりました。

バケモノの子ペン画

まぁまぁ良く描けてるけど、熊徹の目がちょっと大きくて、ひょうきんな感じになった。
この時点でコピーを3枚とって、ぬり絵用に渡すことにしました。
そうすれば取り合いにもならない!

着色

水彩絵の具で着色しました。
(アクリル絵の具で描いた方が良かったのかな?)

バケモノの子着色

いつもパソコンソフトのイラストレーターとかで操作しているので、久しぶりのアナログ感!
慎重に色を塗っていきました。
楽しい時間を過ごしましたよ。
体毛のモフモフ感は手描きならでは。

刀がいびつなのがちょっとイタイね。

自分では価値を見出せないけど

自分ではこの絵に価値を見出せませんね。
どうも『汚い』って思ってしまいます。

でも、我が子たちは喜ぶらしいです。
自分の描いたものが、喜ばれるなら光栄なことだ。
またイラストも描きたくなってくる。

また発注を待ってるよ。

[amazon_link asins=’B0156G4AMG ‘template=’ProductCarousel’ store=’wwwamazon07-22′ marketplace=’JP’]

投稿者: wishigrow

ウィッシグゥローと発音してください。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です