「やります。」って誰かが言い出せば、なんとかなる。
誰かが「やります。」って言わないと、生まれない世界がある。

そういうことを私はよく知っているので、やりますコントラダンス。

コントラダンス

もう10年くらい前になるだろうか、7年くらいかな、コントラダンスというフォークダンスを踊っていた。

初めて踊った時に衝撃を受けた。
ビックリするくらい楽しかった。
喜びが湧き上がって、噴火しそうだった。

簡単な動作の説明を受けたら、みんなで音楽にのって楽しめる。
すごい世界が広がっていた。

このダンスの影響で、踊るのはもちろんのこと、主催したり、マンドリンの演奏をしたり、助成金を得てイベントを開催したりもした。

しかし、楽しい日々は終わる。

開催が難しい

頑張って主催していたのですが、コントラダンスって開催が難しいのです。

集客がめっちゃムズい。
そもそもの知名度がないのに、最低16人は踊る人がいないと成立しない。
しかも男女比が1:1であるべき。

正体不明の踊り会に16人も男女均一に集めるなんで、奇跡のようなもんだ。

確か3年くらいは継続開催したのですが、忙しくなったし課題もありすぎて主催からは手を引きました。
主催者としての経験値を得たおかげで色んな企画を成立させられるようになったけど、コントラダンスの開催は怖い。

『誰かコントラダンスの会をやってくれないかなぁ。』
そんな風に思いながら無情に日々は流れる。
フランスのフォークダンスやサルサダンスを踊ってみるものの、踊れば踊るほど余計にコントラダンスへの想いが強まるのです。

自分がやるしかない

いつか再び開催してやろうと思っていましたが、上手くいかない怖さもあって、心の檻に入れていた。
でも、とうとうやることに決めた。

  1. 自分がやらないと誰もやってくれない
  2. 自分は踊った時の評価が何よりも高い
  3. そもそも何よりもやりたいことだ
  4. 好きな音楽で踊るのが最高に楽しい
  5. 当面の生活には困っていないし、夢はない、まぁまぁ暇やし、エネルギーも十分。今やるしかない。

これは、使命だ。

やります

やります。
3月31日(土)に決めた。

決めていかないと進まない。

少し声をかけ始めていて、8人はすでに集まっています。
だからサークルダンスはできますね。
コントラダンスにするにはあと8人。

とにかく始めないと進まない、やらないとできるようにならない。

ぜひぜひ、3/31その身を空けておいて下さい。

「コントラダンスとは何か?」については順次書いていきます。
というわけで、つづく。

投稿者: wishigrow

ウィッシグゥローと発音して下さい。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です