川内原発が再稼働されたけど、”かわちげんぱつ”って読むんじゃなかったんか!

こんにちは、wishigrowです。

2015年8月12日、鹿児島県にある川内原発が再稼働されました。
ここんところしばらく、日本国内で稼働している原発はなかった、要するに”原発ゼロ”だったわけですが、その状態が終わりました。

川内って”かわち”って発音するのかと思ってましたが”せんだい”が正解のようです。
仙台と間違ってしまいそうになるね。

実のところwishigrowは原発の再稼働を容認の考えです。
国内の48基ある原発をすべて廃炉にすべきだと思っているのですが、即座にそれを実行すべきだとは思いません。
動かせる原発は動かして、古くなった原発から順次廃炉にしようという考え方です。

原発の再稼働について

原発はなんとなく放射能汚染とか怖いし、福島原発では事故が起こってるし、本当に原発クソ野郎って思っています。
しかし、原発を何も生み出さないまま置いておくよりは、電力を生み出した方が正しいと考えています。

まず、廃炉にせずに現状のまま置いておくのは危険性が変わらない。
また、すぐにすべての原発を廃炉にしようというのは、現実的ではないと思う。
廃炉にも費用がかかるし、計画性が必要だと思います。

時間をかけて、原発をなくすべきだと思っています。
福島原発の事故の教訓を生かして、安全対策を施し、原発を動かす。
そして、30年くらい使った原発はちゃんと廃炉にする。

できれば、その間に原発が生み出した利益は、廃炉費用と再生可能エネルギー開発と省エネ生活支援とかそういう方向に使えるといい。

という風な考え方です。
原発が止まっている間、火力発電でまかなっているわけですが、化石燃料をガンガン燃やすのも嫌悪感を感じているのです。

川内市に行ったことがあります

自転車旅行で川内市に行ったことがあります。というか、通ったレベル。
20歳くらいの時ですね。旅人だったのです。

日本3大砂丘の一つだが、あまり有名ではないであろう”吹上浜”の一画でキャンプして、どんどん北上していました。
川内市は”ちりめんじゃこ”の産地なので、なんとなく覚えてる。

あと、”純心女子高等学校”ってのがあって、その名前にときめいてしまったのをよく覚えています。
だって、ピュアハートですよ、ピュアハート。
お花畑感あふれてますやん。
純心女子高があるってだけで、川内市に一泊してやろうかと思ってしまいましたよ。

とはいえ、その日は天草諸島の手前まで進んだと記憶しています。

そんな記憶の蘇る、川内原発の再稼働っす。

なんでセンダイって言うの?

ニニギ (ニニギノミコト)がこの地に皇居を定めるにあたり、千の台を作るように命じたという故事によるとされる。

神話ですやん。
僕の好きなやつやん。
高千穂とか大好きで、また行きたいなぁと思っています。

脱原発の前に

原発もイヤ、化石燃料もイヤとなると、ライフスタイルを変えるしかない。
例えば、現在建っているのビルやマンションなんて、エアコンありきの設計ですよね。
それ自体が時代に合っていないと思っています。
暑けりゃ水を浴びたらええねん。

原発を止めときゃええっていう問題じゃなくて、ライフスタイルを変えることからはじめないとね。

大量絶滅期とかいう記事を読んで、さらにそう思っています→大量絶滅、全生物種が危機的状況に

投稿者: wishigrow

ウィッシグゥローと発音してください。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です