マンドリンと弁才天

マンドリンを修理!長建寺 妙音辯才天を宿す!

投稿日: カテゴリー 作り方, 音楽タグ

壊れているマンドリンを修理することにしました。

折角なので、神様のパワーを宿します。
弁天様、よろしくお願いします。

マンドリンを直すことにした

フラットマンドリンを弾こうと思ってヤフオクで買ったものの、壊れた品を掴まされた。
なぜ壊れているのか気になったので解体してみた。
>>フラットマンドリンの解体。裏板を外す。

そこから直そうかどうしようかと悩みました。
時間もお金もかかるし、ちゃんと直るかも分からない。
でも、やってみることにした。
私、修理がかなり好きなのです。

中の支えが浮いた状態からスタート。

支えが浮いている

タイトボンドを購入

まず、浮いてる支えを無理やり引き剥がした。

マンドリンの支えを引き剥がす

ちょっと失敗しました。
まぁ、多分大丈夫。

タイトボンドを買いました。

タイトボンド

有名なコニシの木工用ボンドは楽器に使うには柔らかいそうです。

クランプも買う

クランプっていう、圧力をかける機材も買いました。
こんな風にします。

マンドリン修理クランプ

半日くらい寝かせます。

もう片方も同じようにやる。

長建寺に行く

私の地元京都伏見には長建寺というお寺があります。
“京都で御本尊が弁才天という寺はここしかない”とのことです。
最寄りの駅は京阪中書島駅。中書島エリアに存在するので“島の弁天さん”と言われる。

弁天様のお寺なので、どことなく色っぽいです。
昔は周辺に遊郭があったので、その空気感が漂っているのかもしれません。
また、宝貝というお守りがあるのですが、とてもユニーク。エロチックです。

そんな弁才天は琵琶を持って登場するので、音楽の上達にご利益がある。
そう信じて、お守りを頂きました。

長建寺とお守り

諸芸上達!

マンドリンに宿す

裏板に宿ってもらいます。

マンドリンと弁才天

妙音ですよー、パワーが凄そう。

裏板を貼る

ボンドで裏板を貼ります。

フラットマンドリン裏板を貼る

上手くくっつくのでしょうか?

直るといいな

まだ作業中ですので、今日はここまで。

弁天様の力を宿したマンドリンはどんな音が鳴るのだろうか。
演奏してみたい。
ワクワク。

いやぁ~、ちゃんと直るといいなぁ~。

つづく

ぼ、ぼ、ぼ、募集中!

参加者募集中

2018年5月27日(日)14:00~抹茶のスポンジケーキと人狼の会詳細click

2018年秋 コントラダンスの会

投稿者:

wishigrow

ウィッシグゥローと発音して下さい。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。 基本フォロー返ししています。宣伝アカウント以外はね。

「マンドリンを修理!長建寺 妙音辯才天を宿す!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です