「知っている」と「やったことある」では雲泥の差があるのですよ。

2018年10月28日(日)、謎の土地にて高床式寝床を作ってみました。
恐る恐るやってみましたが、寝心地はすごく良かったです。

高床式寝床

まず動機をざっくり言うと。

  1. 防災意識の高まりによってキャンプに出かけようと決意する。
  2. 滋賀県の比良山のふもとに親族名義の土地があると判明する。
  3. そこで野宿をしてみたものの、めちゃめちゃ怖かった。
  4. 恐怖心をなくすために「サバイバル読本」で勉強する。
  5. 本に載っていた「高床式寝床」を作ってみたくなる。

高床式寝床ってのは下記のようなものを倒木とロープとブルーシートで自作する感じですね。
[amazon_link asins=’B01N5QBKBI ‘template=’ProductCarousel’ store=’wwwamazon07-22′ marketplace=’JP’]

本にはすごく簡単そうに書いてあったのです。

[amazon_link asins=’4773059257 ‘template=’ProductCarousel’ store=’wwwamazon07-22′ marketplace=’JP’]

都合のいい倒木はない

比良山のふもとの親族名義の荒れ果てた土地を「謎の土地」と呼んでおるわけですが、そこを開拓しつつあります。
1回目はテントを張って寝てみた。
2回目はノコギリを持って行って木を切り倒してみた。
そして、今回が3回目になります。

本の通りに高床式寝床を作ろうと思うものの、そんなに都合のいい倒木はないのです。
身長より高いまっ直ぐな木を9本も必要としている。普通はないやろ。

ですが、前回ノコギリで切り倒した木がありますので、それを無理やり使いました。
生木に近い状態ですのでやわらかくて不安。まっ直ぐではないのでバランスもとれないし、太さもまちまち。枝も切り落とさないといけないし。
この時点でかなりの時間を消費しました。

木を9本

しかし、とにかく9本そろえた。

パラコード

事前に「パラコード」なるロープを買っておきました。
これはパラシュートに使われるほどの強靭で扱いやすいロープでアウトドアには最適だそうです。

[amazon_link asins=’B07FZ6NNWG ‘template=’ProductCarousel’ store=’wwwamazon07-22′ marketplace=’JP’]

余談ですが、高床式寝床を作る前に服を引っ掛けるロープを張ってみました。
虫がいっぱいの地べたには置きたくないので、ちょっと快適になります。

ロープを張る

「ボウラインノット」と「トートラインヒッチ」という結び方を使う。

トライポッドを二つ

木を3本使って三角の状態を作るっていうか、三脚のようにするわけです。
専門的には「トライポッドを作る。」と言う。

木でトライポッド

毛利元就の三本の矢みたいな感じですね。

上手く均衡が取れるようにしないといけない。
魏呉蜀のように。
けっこうグラグラしていたので、まぁまぁ乱世でした。

横の木を渡す

トライポッドをいい間隔で二つ立てたら、上に一つと横に二つの木を渡します。
上の木は置くだけ。
横はロープで括ります。
「クローブヒッチ」という結び方を多用しました。
ちゃんとできてたか分からんけど。

高床式寝床骨組み

建造物っぽくはなったが、『こんなにしなる木で大丈夫か?』って思いました。

ブルーシートを張る

最後は横の木にブルーシートを巻くだけ。

しかし、家にあったシルバーのブルーシートだったので、丈が足りませんでした。
屋根の部分が無い。
そこは残念。

高床式寝床にブルーシート

これで完成ですが、全部で2時間ほどかかっています。

包み込まれるよう

完成しましたので、恐る恐る横になってみました。
いやほんまに、乗った瞬間にドスンと落ちてしまったらコントみたいやけど、誰も見ていないのでただ痛いだけ、体と心が。

しかし、生木のしなりやブルーシートの意外なほどのくぼみを感じたものの、ちゃんと寝れました。
上手くくぼんでくれてハンモックのような感じです。包み込まれる。すごくいい。

高床式寝床

夢に花 花に風 君には愛を そして孤独を包み込むように

そんな素敵な寝心地でした。

特別な言葉をいくつ話そう。
特別な出会いがいくつあるだろう。

森林浴

寝心地もさることながら、そこから眺める景色がありえなくて素晴らしい。

高床式寝床と足

周りには木々が生い茂っているし、上には木の葉と青空。
癒されました。

木々

『このままどこにも行かないでおこう。』って思ったくらい。

一夜明かすのは無理

しかし、現実は過酷でして、食料もないし、屋根もない。
だから、このまま一夜を明かすのはやめておきました。
上から何かが落ちてくるのは怖いし。道路を横切るサルとか見たし。

というわけで、一泊するのはまた今度です。

まとめ

本では簡単だと書いてあったけど、身長を越える真っ直ぐな倒木を9本そろえる時点でなかなか難しいぞ。

でも、とにかく寝れる状態になったし、寝心地がすごく良い。

まだ一夜を明かしてないので何とも言えないのだが、一晩寝てみた感想は近日中に報告したいと思います。
というわけで、つづく。

材料

まず倒木が9本必要。現地調達。

倒木を加工するノコギリが必要。刃が婉曲しているのがいいらしい。
[amazon_link asins=’B0009XAHL0 ‘template=’ProductCarousel’ store=’wwwamazon07-22′ marketplace=’JP’]

パラコード。
[amazon_link asins=’B07FZ6NNWG ‘template=’ProductCarousel’ store=’wwwamazon07-22′ marketplace=’JP’]

パラコードを切るもの。私はカッターで切った。
[amazon_link asins=’B004ZAIXSC ‘template=’ProductCarousel’ store=’wwwamazon07-22′ marketplace=’JP’]

ブルーシート。2.7m×3.6mが良いようです。
[amazon_link asins=’B00I4KQMRS ‘template=’ProductCarousel’ store=’wwwamazon07-22′ marketplace=’JP’]

あとは、勇気が必要ですね。

時に風 空に青 僕に勇気を そして命を感じるように

[amazon_link asins=’B00J6WN0QO ‘template=’ProductCarousel’ store=’wwwamazon07-22′ marketplace=’JP’]

投稿者: wishigrow

ウィッシグゥローと発音してください。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です