今日は夕方に13kmほど走って、なかなか疲れて、いつもだったらビールを飲むのに、戒律のせいで飲めない。
「自宅での独り酒」を禁止しているのだ。
自宅じゃなく野外ならセーフだが、冬の気温がそれを許してくれない、そこそこ汗もかいてる。友達を無理やり家に呼ぶことや、どこかお店に飲みに行くことも考えられるが、そんなことをするくらいならさっさと風呂に入りたい時間帯。
喉の乾きのままにビールをグッと飲んでぷは~となるあの感覚を、今日は味わえてない。

そしてまた、贅沢な料理も戒律で控えており、夕食はいつも通りにご飯と味噌汁とだし巻きで、とても美味しかったのだけれど、今日みたいな日は肉の脂が欲しかったな、と思ったりする。

食後に時間が空いたからと、頼まれていたWEBの更新に取り掛かろうとしたものの、「それってやる意味あんの?」というような指示がきていて、拙者はすぐにイラッときて、一旦保留にしようと決めたので、なんとなくスッキリしない。

あと、IDとパスワードを忘れたサイトがあって、ログインできない。

なんだかなぁ。
別に不幸でもないけど、愉快ではないなぁ。

まぁ、幸せを探せば幸せなんですよ。
例えば、足首の調子は良くなってきて、阿弥陀ヶ峰まで走っていって、暗くなりそうな時間に下山して、躓きそうでハラハラしたけど、無事に戻ってこれたこと。
湯船に浸かりなが読む森絵都サマの文章が大好きで惚れ惚れすること。
自作の薪ストーブはちゃんと部屋を暖めてくれること。
こうしてブログをつらつら書けること。

だけれど、終わっていく1日実感する寝る前は、なんだか空虚な気持ちになっていく。
ああそういえば、今日は誰とも一言も会話をしていない。
ランニングで行った伏見稲荷では外国人観光客を抜き去って、女坂や東福寺駅近くでは女子高生を抜き去ったけど、荒い息で足音をペタペタと鳴らしただけで、誰とも会話をしていない。

こういう空虚さや孤独さを燃料にして、小説を書けたらいいなぁと思いつつ、ブログを書くことにしたのはなぜなんだ?

こんなんでいいのかなぁ? と思ったからだな。
何か爪痕残さなきゃ、と思ったからだな。

シフトしきれてないんですよね。
空想を愉しむ生活に。
酒をやめて、人との交流も少なくて、TVもYouTubeも見なくて、これといった勉強もせず、すごく空虚。
これを赤毛のアンばりに空想で埋めようと思っておるのですが、なかなか上手くはいきません。

明日はちゃんと愉しめるようになろう。
エイエイオー!

では、お布団に入って、空想に浸ります。

以上です。

投稿者: 石黒わらじろう

京都の古い民家で暮らしています。 趣味は盆踊りとランニングとブログ。 別名義で書いた小説は映画の原作として採用されましたよ。 自分で建てた小屋にて暮らしていたこともあるサバイバーです。 地球も自分も健康な生活がしたいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です