ワラクリを更新するのはたいへん久しぶりになります。

2020年11月から小説を投稿し始めて更新が滞ったのですが、その小説もストップさせて挑んでいたことがあるのです。

それは調理場づくり。

2021年3月1日から伏見のとある場所の古民家を借りることにしました。これを魔改造して、仕事場にしようと思ったのです。

以来、その古民家に寝泊まりしながら飲食店の営業許可を取るべく、自分で工事をしておりました。そしてその工事はひと段落して、実地調査を待つばかりとなりました。

私は自分で工事をした有能感に浸っておるのですが、待てよ、と、

この後はどうするのか?

突っ走ったものの、あまり具体的には考えていなかった。

『家賃は払えそう、調理場は作れそう、』って思ったので逃げる理由がなくなってしまったんですよね。『やれよ俺、踏み出せよ俺、』としか思いませんでした。

そして、いざ調理場ができてしまったけど、これからどうしよう?

今の時代、可能性は沢山あると思うのです。

可能性1、ゴースト ウーバーイーツとかを使った客席なしの飲食店。

可能性2、ボドゲカフェ 人狼ゲームで培った経験とネットワークがある。

可能性3、酒場 石黒酒場で培った経験とネットワークがある。

可能性4、焼き鳥屋 実は評判がいい。

可能性5、寿司屋 魚さばける。

可能性6、ダンス教室 やりたい。

可能性って言葉は良いように聞こえるけれど、全然ダメですね。現実を分かってないのが6つもあるということだ。

今こそネガティブさを発揮して、出来ない理由を探してやろう。

おむすび屋として開業するのは決まっておるのです。ただただ祈りを捧げるようにおむすびを握るのです。

しかし、1日中それをするわけではなく、特にディナータイムとかは空くんですよね。

何をしようかな?

これから多くの失敗があるわけだが、これは可能性を潰していく作業なので良いことだ。

どういう方向に行くかはユーザー次第でもある。自分の意志でどうにもならないことは多い。

トライ&エラーをぶん回すしかない。

何をするかは決まってないけど、どう戦うかは決まった。

以上です。

投稿者: wishigrow

ウィッシグゥローと発音してください。 対面交流の場づくりを追求中です。コントラダンス/サルサダンス/京都伏見スイーツ人狼/石黒酒場などを実施。 Webサイト制作や調理の仕事で生計を立てている。 趣味は盆踊りとジョギングとブログ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です