昨夜降った雪が、朝になっても健在で、窓から見える世界が輝いていた。
仕事は休みになるのではないかと思いつつ朝食を食べて、よい時間になったので確認すると、案の定オフだった。

拙者はたいへん貧乏なので、家にいると部屋を温めるコストがかかる。
だから渋々、散歩に出かけることにした。
というのは、ちょっと悲壮感を出し過ぎだな。
雪の日に外に出ようと思えるほどに、心が元気。

京都伏見に雪が積もるのは久々で、いつもはすぐ溶けたり、溶けない日はめちゃめちゃ荒れたりする。晴れているのに雪があり、お散歩日和だ。街が輝きに満ちていて、ニマニマしながら歩いた。
笑顔で歩いていたら変質者だと思われがちだが、大丈夫。今日は人が歩いていないし、車も通ってない。本当に静かで、自分の足音ばかりが聞こえてくる。
ジャリジャリ、キュッキュッ。

伏見稲荷に行くことも考えたが、それはベタなので、伏見桃山城に向かった。
雪化粧のお城を想像していたが、そこまでではなかった。

伏見桃山城

拙者が小学校の頃は、スケートリンクがあったくらいだから、こんなのは普通の景色だったんだよな。
30年ほど前の話。

近所なのに、いつもとは違う景色に囲まれて、旅に来た気分。
3時間は遠くに行かないと見られないような景色。
得だな。

杉並木

旅情の漂う高台。

明治天皇陵

神々しい陵墓。

昭憲皇太后陵

心地よいばかりではなく、耳がジンジンしだして、フードを被ったりもした。
でも、だいたいニマニマしていた。

たとえば可愛い彼女がいたら、二人で雪を踏みしめて、キュッキュッと鳴らして、なるほどこれが足音のオーケストラか、なんて思ったりするかもしれないが、たぶん彼女はそもそも「寒いから出かけたくない」と散歩について来ないだろうし、これらはすべて妄想の話なので、とにもかくにも独りでOK。

道端に人がうずくまっているとおもったら、

こういうのもニマニマできる。

1時間以上のお散歩から帰ってきて、こういう時は酒だろうと思って、庭に出た。

雪見酒

キンキンに冷えた日本酒は、雪みたいな味がした。
ちなみに自宅での独り酒を戒律で禁じているが、庭は自宅の範囲に入れてないのでセーフ。
普段は電車や車の音などでうるさいのだが、雪のお陰でしーんとしてて、空を見上げると鳶が羽を広げていたりして、豊かな時間だ。

雪で困った方もいるかもしれが、拙者は満喫できました。
1日くらいならこんな日があってもいい。

体が元気で良かった。
ありがたし。

以上です

投稿者: 石黒わらじろう

京都の古い民家で暮らしています。 趣味は盆踊りとランニングとブログ。 別名義で書いた小説は映画の原作として採用されましたよ。 自分で建てた小屋にて暮らしていたこともあるサバイバーです。 地球も自分も健康な生活がしたいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です