活字中毒とは、活字を読むとなんとなく落ち着いて、とにかく文字を摂取したくなることで、拙者にもそういう面がある。
文字を読んでる時間は、他のことを考えなくて済むから雑念が消え平穏になれる。
そして他の中毒に比べると、体にも頭にも良いので、我慢の必要がない。
拙者の場合は新聞記事が好きかな。一つの節がすぐに終わるのがいい。

活字中毒の逆は無いのか?
と、今日思いついた。
要するに、読む中毒の逆で、書く中毒は無いのか?
作文中毒、あるいは、執筆中毒みたいな。
拙者はその中毒者になれば良いのではないか?
「嗚呼、書きたい、書きたいよう、紙とペンをくれ、いやバッテリー長持ちのポメラをくれ」
と、指先を震わせよだれを垂らす。

考えてみると、そこそこ作文中毒で、文章を書くとめちゃめちゃ心が落ち着く。
逆に文章を書かないと、寝ようと布団に入ってから色々と考えてしまい、よく寝付けない。
Web更新の仕事が積んであるなとか、ゆるふわスポーツ大会は参加者5人以上になったかなとか、柄が折れたままの斧をどうしようとか、ああしまった水道料金払ってないとか、寝る前になって色々頭がうるさくなる。
こういうのをごまかすために酒を飲んでいたのだが、家での独り酒を禁止しているので、他で気を晴らさねばならず、ブログはそのための一助になっている。

本来は愛の言葉をささやく相手が必要なのかもしれん。
「おやすみ」と、言い合いたいのだが、
「今日はどんな日だった?」と、聞いてほしいのだが、
「へー、それは良かったね」と、ニコッとしてほしいのだが、
どこにも居ないようなので、AIで済まそうかと思って、やっぱそれもやめて、ブログを書く。

「作文中毒になったら良いと思わへん?」
と、僕が言う。
「ダメよそんなの」
と、君が首を振る。
僕が「何で?」と眉根を寄せると、君はまるで呪文を唱える魔女みたいに言った。
「ワタシ中毒になりなさい」

とまぁ、こんな夜を過ごしたいのは山々だが、こんなこと言う人は小説の中だけなので、じゃあもう小説を書くしかないな、そして自分を満たしていこうぜ。
と、自分を慰めて、布団に潜り込もうと思う。

今日も作文でかなり癒えました。
やるべき仕事を棚上げにしているけれど、中毒だからしょうがない。
作文中毒だから、ゴメンねー。

以上。

投稿者: 石黒わらじろう

京都の古い民家で暮らしている。 趣味はランニングとブログと盆踊りを含むフォークダンス。 別名義で書いた小説は映画の原作として採用された。 自分で建てた小屋にて暮らしていたことがある強靭な狂人。 地球にも自分にも健康な生活がしたい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です