はやく桜が咲いて欲しいって思っていたけど、いざ咲き始めたら、ちょっと待って、そんな急いで咲いたらすぐに散ってしまう、と焦りのような気持ちがあらわれる。

すぐに咲いて、すぐに散りそう。
来週がピークかな。
桜が終わるの寂しいなぁ。

この寂しさ、創作活動に似ている。
1ヶ月かけてじわじわ書いていた物語に一区切りついたのだが、早く完成させたいと思っていたけど、いざ終わると寂しい。

ああ、すごく作家っぽいぞ、この気持は作家っぽいぞ、いけるぞ、と思う。
この調子で書き進めたい、しかし筆が進まない。
目を閉じて、空想の世界で遊ぼうとするのだが、どうも現実世界で遊びたがってる節もあり、上手くいかない。
豊穣なる空想世界よ、どこへ行った。
空想鉄道のチケットを失くしてしまったかなー。

豊かさを取り戻さないと。
心のうちから溢れ出る想像力の豊かさを。
自分の豊かさを他者の評価で量らせてはいけない。
その評価基準ではショボくてもいい、ショボいと思われてもいい。そこでは勝負していない。

拙者の評価は創作物によって決まるのだ。
豊かかどうかはそこに現れる。

いや、しかし、創作しようと頑張るな、
人間なんて所詮は自然の恵みに頼らねば生きてはいけぬ。
創作も自然の恩恵を受けようとすればいい。
種を撒いて、時を待て。
雑草はできるだけ切っていこう。創作における雑草が何かは分かるだろう。
観察しよう、匂いを嗅ごう、風を浴びよう、不思議さを不思議なままで持っておこう。

というのが、創作欲求と外遊び欲求の板挟みになっている心境。
春だからなぁ、お外に出ていっぱい遊びたいんだよなぁ。

以上

今読んでいる本

秘密の花園

投稿者: 石黒わらじろう

京都の古い民家で暮らしている。 趣味はランニングとブログと盆踊りを含むフォークダンス。 別名義で書いた小説は映画の原作として採用された。 自分で建てた小屋にて暮らしていたことがある強靭な狂人。 地球にも自分にも健康な生活がしたい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です