100年前の小説がこんなに面白いなんて「痴人の愛」

今日は読んだ本の話。谷崎潤一郎さんの「痴人の愛」を読了しました。 ○ さて、ブログの著者たる私ですが、自らを狂人と名乗っておりまして、何に狂いたいかというと踊り狂いたいわけです。踊りはすべてを超越します。 とはいえ、他の …

失恋から1年「落下する夕方」

今日は読んだ本の話。江國香織さんの「落下する夕方」を読了しました。 ○ 去年の今頃、というのは2021年の秋頃、失恋ダメージを受けていて大変だった。心に穴が空いて、そこに吸い込まれて、闇から出られなくなるような、ぎゅぅぅ …

なぜ有名になったのだ?「桐島、部活やめるってよ」

今日は読んだ本の話。朝井リョウさんの「桐島、部活やめるってよ」を読了しました。 ○ このタイトルがめっちゃ有名になりましたよね。「桐島、部活やめるってよ」私もブログのタイトルをつける時に「〇〇、〇〇やめるってよ」というの …

よ、読み返したくなる、「ぼくのミステリな日常」

今日は読んだ本の話。若竹七海さんの「ぼくのミステリな日常」を読了しました。工夫がたくさんあって、面白いです。 ○ 面白い連作短編小説を探していたところ、こちらが紹介されていましたので手に取りました。タイトルからの印象で、 …

6歳で移民になったナディの話

今日は読んだ本の話。ナディさんによる「ふるさとって呼んでもいいですか」を読了しました。移民問題にちょっとだけ詳しくなれた。 ○ 私の住む街にはパラグアイ人の女性が住んでいる。おばさんです。我が母と同世代だろうか? 我々と …

デブ注意「彼女のこんだて帖」

今日は読んだ本の話。 角田光代さんの「彼女のこんだて帖」を読了しました。短編小説とレシピ集のコラボレーションで、心よりもお腹が動きます。食いしん坊な人には勧められない小説だぁ。 ○ 料理をしますか?私は料理というか、調理 …

もしもボックスみたいな小説「パドルの子」

今日は読んだ本の話。虻川枕さんの「パドルの子」を読了しました。謎が多くて、読み進めるのは面白かったです。 ○ 日本列島が豪雨に襲われていますね。九州や中国地方が顕著なようですが、我が京都でも逢坂山が土砂崩れで通行止めにな …